「未分類」カテゴリーアーカイブ

本日やっと確定申告作業終了。

MFクラウド会計

今日、午前中JAの自主申告会にて確定申告作業を行った。これでやっと農作業に集中出来る。
毎年、手の掛かる帳簿作業を少しでも簡便にストレス無くやるため、クラウド会計を利用した。

ソリマチの農業簿記にて帳簿作業を行ってたが、税制が少し変わる程度でバージョンアップが必要となって、インストールもやり直す感じで不満を
感じてた。バージョンアップが結構高い。
数年前はfreeeの存在を知り、オンライン通帳取り込みにJABANKにも対応してたので早速試した。
農業用の青色申告決算書には対応しておらず一般の青色申告決算書用だったのと、期待してた感じではなかったので断念した。

MFクラウド会計という同類のサービスを試して見た。これも農業用の青色申告決算書には対応していない。
しかし、freeeよりも動作確認のしやすさが自分にあってたのでとりあえずこれでやることにした。
減価償却とか期待してた感じの動作で良かった。

最近の弥生もクラウド型会計サービスを初めたようだがやはり、農業用には対応してない。

どこかが対応してくれれば直ぐに引っ越ししたい。

気になる台風16号

台風20号雨で本日開催の学区民運動会は中止。

それに伴う10月の稲刈り前の台風16号が気になります。

おそらくこの台風がすぎれば、台風の心配は今年は無いと思う。
コース取りは本州横断のような感じが。

現在、速度、時速10km、最低気圧950hpa。
進路上の表面海水温は27℃前後。

速度と海水温を考えると成長しそうな感じもある。
最接近するまで最低気圧に注目する日々になりそう。

 

 

なんとか町内会長決まる!決まってよかった。

直近の日曜日、ようやく町内会長が決まりました。これで、一安心。夜もぐっすり寝れます。
これで海老芋の収穫出荷にも身が入ります。
きょうび、だれでも忙しいので、わがまま言わずに淡々と町内会長を引き受けて欲しいです。日曜日、引き受けて頂いた方には心から感謝です。
さあ、あとは確定申告の作業開始。これもこの時期、面倒くさい仕事です。農作業だけに従事したい。
肥料や農業資材の購入を農協一本化にしたら、だいぶ楽になるんですが、なかなかそうも行かず難しいです。あと農業資材屋さんはクレジットカード払い出来るところが少ないのでこれも、不便の一つに繋がってると感じでます。
freeeには注目してるんですが、農業用青色申告には未対応みたいですが早く対応して欲しいです。農業用勘定科目を独自に設定して一応集計して、あとで転記すれば良いでしょうか?freeeを利用して農業用青色申告を実践していらっしゃる方がいれば教えを請いたいです。
よろしくお願いします。

農鞠のお二人が海老芋作業場に登場。

昨日は農鞠元木君李君が海老芋の作業場に来られました。
元木くんは4月から院生として大学に復帰するので、卸の仕事に関わる時間は短くなるとのこと。
その後を引き継ぐのが李君で、昨年は東京方面で営業業務に携わっていたらしい。
今年は京都に戻って、卸の活動をするらしい。
元木くんは農学部だが李君は工学部所属みたいでちょっとびっくりした。
どちらも学生業を休学して卸の活動展開していて大したもんだと思います。

 

今日、ネットを見た料理屋さんから海老芋の注文を頂きました。

今日、昼ごはんを食べていたら一本の電話がありまして、料理屋さんから海老芋の注文を頂きました。

現在もお料理屋さんへ海老芋を納品していますいが、知人からのご紹介によるお店ばかりで。

先方からお電話を頂きご注文を頂いたのは初めてだったのでちょっと感激でした。

ちょっと前にも大阪のお店から京都に行くついでに畑を見学したいとのメールをお問い合せより頂きました。

その時はちょうど繁忙期だったので時間が取れずお断りしたのですが。

私どもも、必要とされてるんだと嬉しくなった次第です。

お料理屋さん向けに海老芋の業務用受注ページを作る必要があるのかと考えさせられる雨の昼下がりです。

 

 

 

トマトの二本仕立てのテストをやってみた。


先日播種したトマトの苗がだんだん大きくなってきた。

少し早いかと思ったが二本仕立ての処理をテストの意味でやってみた。

いつもは圃場に植えてから本場が3、4枚の時に摘心するけどセルのトマトの苗を

見ているうちに、いま摘心したらどうなるやろ?と思い一つのセルから2本か3本発芽しているうち

1本を残して他のを摘心してみた。

ちょっと早いかと思ったが軸と双葉の間から脇芽が2本出ているトマトの苗を見たことがあるので

案外いけるのかもしれないと思っている。

昨年も二本仕立てで後作のトマトを仕立てたが圃場に定植してから摘心して二本仕立てにした。

昨年は実生でセル苗を直接畝に定植したので木が暴れるのを警戒して二本仕立てにしたが、

それでも初期は暴れ気味であった。

昨年はマルチを張ってから定植したが今年はマルチは張らずに定植、栽培してみる。

これで昨年と木の暴れ方がどう違うか見てみる。

今日は雨降りですが、その割には仕事がはかどった。


当地では籾撒きがいよいよ始まるがその準備をしていた。
雨降りなので他にすることもなく準備がはかどった。

米産地では四月上旬に籾撒きでそろそろ田植えと言う感じでよく見に行くブログもそうしたところが多い。

今年の籾撒きはすんなり行くのか?
昨年はすんなり行った。珍しく。

当地では苗代播ハウスではなく露地なので水を入れてロータリーで練った苗代が雨で柔らかくなりすぎると苗箱を並べるのに難儀する。
このあたり、天候に左右されない方式を考えて行く必要あり。

Camera_HDR_Studio_-_1398245459494.jpg

2014-04-23
トウモロコシ
APハウス
定植
1
120
1

—-

京果出荷用のハウスサニーレタスが終わりそのあと の畝にトウモロコシを定植した。 昨年は2月に定植したが今年はハウスが空かなかっ たので今日、定植した。

畝のハコベを削ってから耕運機で鋤いたが、今年は ハコベが例年に比べてだいぶ少ない。 ハウス内に溜まっていた肥料分がだいぶ抜けたの か? 昨年はこの畝にトマトを定植した。 肥料分が溜まっているので最後まで無施肥で栽培し た。 無施肥にも関わらず軸は太くなった。そのトマトの 残渣は鍬込まず、ハウス外に出したので、そこそこ の肥料分も取れたでは無いだろうか? しかし、経験上土壌に溜まった肥料分はなかなか取 れない。 簡易のEC測定する必要あるかも知れない。

話は脱線したがその後、畝を均して三角鍬で溝を切 りそこにハンドプランターで苗を定植した。。

作業簡略化のため、次の畝は耕運機での畝を鋤く作 業を飛ばした。 それでも見た目は変わらなかった。 この後の作業性がどれだけ違ってくるか??

※ちなみに左の畝が耕運機を使った畝で右が使わな かった畝。

さんど豆定植。


サニーレタスあとの畝にさんど豆を定植しビニールトンネルをした。
サニーレタスがまだ植わってるので換気はしなければならない。
よってハウス内に定植したがビニールトンネルもした。