「未分類」カテゴリーアーカイブ

稲刈り後のヘアリーベッチ播種に向けて施肥機を調整する。

稲刈りも始まって数日がたち、きぬむすめの刈り取りは終わった。
これからはヒノヒカリの刈り取りが始まる。
刈り取りが終われば、ヘアリーベッチを播種する。
出来れば、稲刈りが全て終わってからではなくて、稲刈りが済んだ田んぼから順次、播種して行きたいくらいだ。

気温が高いうちに発芽を確実のものとし、良好な初期生育を確保したい。
その為には出来るだけ早い時期に播種したい。
少なくとも10月中には播種を完了させたい。
11月の播種では発芽、初期生育などで心配の種が増える。

と言うことで、ヘアリーベッチの播種に向けて施肥機の調整をしている。
施肥機のロールをビニールテープで巻いての穴を塞ぐ。
穴は一応塞がるが、ロールとブラシの隙間から種が落ちる。
何とも、いい加減な播種の仕方だと思う。
利用できるものは利用しようという魂胆である。

この施肥機はPTOとは連動していないため、反あたりの播種量を決めるには、非常に煩雑な調整を表計算をつかいながら行っている。。
非常に面倒くさい。

耕耘速度を時速6キロ、希望する播種量を1.5kg/10aと仮定する。
時速6キロで一反耕耘すると大体330秒。
よって約4.5g/秒のスピードで種を落とすように施肥機を調整する。
あとシューターが8本あるので、シューター毎に出る種の量を出来るだけ同じにする必要がある。
よって一定時間内の各シューターから種が落ちる量を記録し、その標準偏差を計算して出来るだけ小さくなるように、調整し直す。

地味なトライ&エラーの世界。
まあ、一応こんなもんかという数値収まって来たので今年はこれで播種する。

露地に今から蒔いても穫れる耐病総太りを買いに行った。

2013-10-07_094622.jpg

今日、大根の種を蒔くため淀のイマイ種苗まで耐病総太りを買いに行った。
棚には缶が一つだけ残ってた。
間一髪セーフ。

今なんの種が売れてるか聞いたところ圧倒的にホウレンソウだそうだ。

といことは今年の冬は小松菜が狙い目かと思ってしまう。
この予想どうなるか?

コメ卸による米の産地偽装の発覚は確実に倒産への道だそうだ。

Camera_HDR_Studio_-_1381036891319.jpg

稲刈りも始まり、玄米用の紙袋を買いに近所のおコメ屋さんに行ったらちょうど、コメ卸による米の産地偽装の記事が目に入った。
おコメ屋さんによると卸による米の産地偽装が発覚すると確実に倒産につながるそうだ。
外的要因などで、もともと台所事情が悪いので、安いコメを混ぜて少しでも利益を増やそうとするそこに、産地偽装発覚で信用失墜による取引減。
これで、業界から退場となるらしい。
自衛隊に産地偽装米を納入してた大阪の卸も倒産したらしい。

米、食わないなあ。みんな。それがそもそもの原因だというのは明らかだと感じる。
米業界は厳しい。

一昨日わらを集めた田んぼにキャベツとはくさいを定植した。

Camera_HDR_Studio_-_1380923108421.jpg

10月1日、稲刈り、3日、藁集め。
そして4日にキャベツと白菜の定植と急ピッチのスケジュール。

4日の午後から施肥と畝立て。
それが完了したら自分と嫁さんの定植部隊でキャベツ2畝、白菜3畝を定植。
ハンドプランターなかよしくんの改良もあって白菜の定植もハンドプランターでする事が出来た。

やっぱり定植作業はハンドプランターですよ。

農機の定植機も一時は欲しいなと思ったときがあったが規模が5反前後なら、ハンドプランターの方が良いというのが最近の考えです。

もちろん定植のスケジュールによるけど。
ハンドプランターは何しろ手軽。4人分(両親、自分、嫁さん)のハンドプランターを揃えて一斉定植なんてすれば農機定植機より断然早い感じがする。
定植する圃場を移動するときも軽トラの荷台に苗のトレイとハンドプランターを載せて移動だけ。

農機定植機のばあいまず、軽トラかトラックで農機定植機を圃場に運び、苗を取りに帰ってもう一度圃場に向かう。

非常に手間に感じます。
ガソリンもいらないし、機械整備の必要もなし。

我が家では定植苗の扱いはちょっと雑で、トレイから抜いたら肥料桶に120〜150株の苗を入れて、それを肩に掛けて定植していくので非常に楽です。

こんなに雑に扱ってもちゃんと成長します。

売れ筋農業書 (8月20日〜9月19日)

?キレイゴトぬきの農業論 久松達央 (新潮社)
?食の戦争 鈴木宣弘 (文藝春秋)
?コメの嘘と真実 近正宏光 (角川書店)
?史上最強カラー図解最新世界の農業と食料問題のすべてがわかる 本八木宏典 (ナツメ社)
?農山村再生に挑む 小田切徳美 (岩波書店)
?農業超大国アメリカの戦略 石井勇人 (新潮社)
?魚はどこに消えた? 一片野歩 (ウェッジ)
?間違いだらけの日本林業 村尾行一 (日本林業調査会)
?日本漁業の制度分析 牧野光琢 (恒星社厚生閣)
?実践!田舎力 金丸弘美 (NHK出版)

今日は小学校区の区民運動会

Camera_HDR_Studio_-_1379812396698.jpg

久々の投稿です。

しばらく、書き込みは無かったですが、その間も色々ありました。

先日の台風18号とかも書き込むべき話題であったかもしれないのですが。

早朝の茄子収穫があるので夜は
早く寝たいという感じでスマホをさわる気がしなかったのです。

スマホと言えば水没のためWindowsphoneからアンドロイド中古機に機種変しました。
出来ることが各段に増えたので喜んでます。
中古機で十分といった感じです。

そんなこんなで今日は小学校区の区民運動会です。
先日は農協の運動会がありましたが、農協の運動会はほのぼのな感じで区民運動会は賑やかです。

もうすぐ稲刈りも始まる予定です。
巨椋池でも、早稲は刈り取りが始まったようです。

廃棄処分のPOフィルムで雑草対策をやってみた。

IMAG0262.jpg IMAG0260.jpg

先日来、APハウスの谷換気のPOフィルムの張り替えで取り去ったPOフィルムを廃棄処分する前に雑草対策に使えないかと考えた。

とりあえず水路脇の雑草地帯にPOフィルムを張ってみた。

狙いは夏の高温でPOフィルム下が高温となり雑草類を高熱で枯らすという感じ。

土壌表面付近の雑草の種も死んでくれると更にありがたい。

とにかく除草作業を簡便に楽にしたい。。

POフィルムなら数年は保つと思うし。

懸念は冬場
、POフィルム下の温度が適温となって雑草が繁茂しないかということ。

夏の高熱で種が死んでくれていれば、ちょっとはましかもしれないが。こればかりは、やってみないと分からない。

トマトの青枯れが出だしたので、慌てて対策。

IMAG0255.jpg

今年は、2番手のトマトを土耕で作ってるが、青枯れが出だした。
青枯れが出る所はハウス内の特定の場所で、以前、万願寺とうがらしを作ってたときも同じ場所で出ていた。
万願寺とうがらしの時は接木だったが今回のトマトは自家製実生苗なので、尚更、青枯れには弱い。

現代農業で青枯れには根洗いがいいと言う記事があって、それは唐辛子でここ2、3年、行ってる。
トマトと唐辛子、同じナス科なので行けるか?という感じでやってみた。

青枯れがもう既に出ているので水を使った根洗いも考えものなのでエアーコンプレッサーを使って根洗いを行った。

良い感じで仕上がったと思う。

今日現在、一番東の畝、北半分の50本のうち、9本が青枯れで枯れてしまった。

これ以上枯らしたくない。エアーコンプレッサーでの根洗いが効くかどうか楽しみ。

カラスとトウモロコシ戦争

朝、畑に行くとトウモロコシが食い散らかされてい た。 泥棒かと思ったが、トウモロコシが地面に落ちて土 側は食べ残されていた。 トウモロコシの木は倒されていた。

最近、この辺りに出没し始めたヌートリアかと思っ たが、母親がカラスが食べているのを目撃したらし い。

恐るべきカラス。トウモロコシの木を倒して食すと は。

鳥獣害は、初めての経験だ。

田植え半分過ぎた。

IMAG0047.jpg

5/29から始まった今年の田植えも、残り半分をきった。
今年は腰痛もあまり気にならず良い感じで田植えが進んでいる。
今年は春、雨が少なかったので、水のかかりの悪い田んぼは未だ代かきが出来てない。
というか、水待ちで未だ殆ど水が入ってない。
先に水の入った田んぼから田植えしてるので例年より田植えする順番が、だいぶ違ってる。