籾がら薫炭が裏目に?

定植後、数週間経つが、余り伸びなくて葉色も薄い木が結構多い。

株元を観察すると代木の軸が茶色に変色している。
考えられる原因として例年と違って籾殻薫炭を植え穴に入れ、鍬で撹拌の後定植した。

定植後の活着のため多めの潅水。

これが行けなかったか?

薫炭と多潅水のため株元がアルカリに振ったのかも。

この仮説立証の為、急遽、捨てた苗を回収し薫炭を入れてない土壌に定植して様子を見ることにした。

いい経験になった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です