みのるのハンドプランター、なかよしくんをまたまた改良してみた。

Camera_HDR_Studio_-_1380864376844.jpg

みのるの、ハンドプランター、なかよしくん は育苗苗の定植し物凄い威力を発揮しています。何しろ人力で移植機の半分位のスピードで植えられるので。

キャベツ、ブロッコリー、カリフラワーは、全然問題ないのてすが白菜、サニーレタスになると父親から、なかよしくんを使うことにクレームが入ってきます。

父親曰く、どうも深植えになるのが気に入らないようです。深植えになると腐るとの言い分。自分はそんな事はあんまり感じないのですが。

とにかく、白菜、サニーレタスの定植となるとハンドプランターなかよしくんの禁止令が出るので困ります。

ハンドプランターなかよしくんを一度使ってしまうと、もう2度と手植えには戻れない体になってるのに手植えを強要されます。自分も嫁さんも母親もこれにはホント困ってます。

何とか白菜とサニーレタスの定植でなかよしくんを使えるようにちょっと改良してみました。以前も浅植えできるように改良してみたのですが、ちょっと野暮ったく、そんなに重くもないのですが軽くも無いという感じで、なおかつ定植時に畝に引っ掛かる感じがして使い勝手はよくありませんでした。

そこで今回、再改良してみました。今回はビニペットの切れ端で作ってみました。そこそこ軽いのとスリムさで畝への引っ掛かりもありませんでした。

我ながら上出来でした。今回はこれで白菜をばんばん定植したいと思います。

追伸みのるのハンドプランターの名前が分からなくて検索してたらAmazonのページが目に入りました。見たら、なかよしくんがバージョンアップしてるではないですか。

カラーリングもかっこ良くなってました。しかも苗投入時の葉痛めを防止する筒ガイドなるものが付いて改良されてました。