作ってみたかったロケットストーブを超簡単にじさくすることが出来た。

Camera_HDR_Studio_-_1382602438493.jpg

稲刈りの最中ずっと、稲刈りが終わったらロケットストーブ作って、お湯を沸かして入れ立てのコーヒーを飲むのを楽しみに考えてた。

かねがね現代農業の記事なんかを読んでてロケットストーブを作ってみたいと思ってた。
ヤフーオークションなんかでもロケットストーブで検索すると自作の
ロケットストーブなんかが出品されてた。
いよいよ作ってみたい気分が盛り上がってきた。

先日コメリに行ったときロケットストーブに使うステンレスの煙突管を物色してた。
見ているうちに、エルボー二つと直管一つを繋げるだけでロケットストーブのプロトタイプを作れるのではないかと思えてきた。

早速やってみた。
エルボー二つをまず繋げてその一方に直管を繋げる。
互いを入れ込むだけでビス止めとかはしない。

出来たものをブロックで挟んで固定これで出来上がった。
スケルトンタイプロケットストーブとでと言う感じ。

エルボーの方を焚き口として、直管の上部にヤカンを載せてお湯を沸かす。

気流が流れるように、ヤカンと直管の間にボルトをかませた。

みごとお湯が沸いて、田んぼで、暖かいコーヒーが飲めた。