コメ 観察 (2014-06-08)



鉄コーティング籾が徐々に発芽してきた。
明らかに昨年よりも発芽率が良いので喜んでいる。
このぶんでいくと苗立ち率も
昨年を大きく上まると思う。
その原因としては、今年の晴天と高温にあると思う。
播種後、これから梅雨湛水した水の水温もぬるま湯に近かった。
かつ、今年は水持ちも良かったので播種後湛水してから一度も入水してない。よって水温が下がる回数が昨年よりも明らかに少ない。
昨年はヒタヒタ水を強く意識しすぎて頻繁に入水した。これが水温が上がりにくかったのではないかと考える。

稲の発芽率は良いが雑草の発芽率も良い。
除草剤の効きが悪かったのか。
観察してみると地面の高いところが雑草発芽率が高く水溜まりでは雑草の発芽播確認出来ない。

あと、考えられるのは除草剤を手撒きで撒いたので、撒きむらが出来てしまい、除草剤が均一になっていなかったせいで薄いところに雑草が生えたか?と言う感じ。

取りあえず規定以上の除草剤は使いたくないのでこのまま行く。
面積がふえたら必ず、田面の均平の不出来や除草剤の偏りの問題は出てくると思うので、ここは経験と考えてこのまま行く。