コメ 観察 (2014-06-09)



試験的に籾を播いた苗箱。
どちらも1.5葉程度。
左が100g播種で右が 300g播種。
300g播種は確かに、密に生えている。

300g播種の方は100g播種より後に播いたのに籾数が多いせいか、100g播種よりルートマットがしっかりしている。これは大きな発見だ。
より稚苗でも田植機での移植に耐えられるルートマットの形成の可能性があると感じる。

あと、海老芋育苗用の自家製培土を使ったがこの培土は雑草が生えてくるのが欠点。
100g播種の方は少し雑草が生えるが300g播種の方はほとんど生えない。

稲が先に発芽してそのまま大きくなり、籾数が多いため培地が日影になり雑草が成長出来ないと考える。

なかなか個人的に面白い結果が出た。