にんにく 追肥 (2015-03-07)

にんにくに追肥した。
先週、雨前に千代田化成を少し振りかけておいた。
今回は、条間に筋を切ってそこに鶏糞を施肥した。
今回は、いつも使う発酵鶏糞が無かったので乾燥鶏糞を用いた。
鶏糞の上から覆土しておいた。

何パターンか試した。
1 筋を切って乾燥鶏糞を施肥。
2 筋を切って乾燥鶏糞を施肥して覆土
3 筋を切って乾燥鶏糞を施肥して覆土のあと籾殻を播いた。

籾殻を播いたのは草よけマルチの効果を狙って。

条間に筋を切っているとにんにくの根がすでに条間中央部まで十分に達しているのに驚いた。
こんなに根が張っているとは思いもよらなかった。
株もと施肥せずとも条間施肥で十分であることが理解出来た。

今年主体的に露地でにんにくを作付けしてみて、栽培のコツみたいなみたいなものも分かった。
段取り好く処理力できる目処もついた。
来年は思い切って、50メートル2畝位やってみたい。
やれるだけの省力段取りは目処がついた。
あとは、春先、病気を出さないように気をつけることと、適期収穫の実行と乾燥をいかにうまくやるか。

まずは菜種梅雨でいかに病気を出さないか。過去にんにく栽培では、菜種梅雨でおかしくなっていった。
病気で葉が枯れていった。
今回は、これからカルシウムを、効かして病気への抵抗性を強めようと考えている。