*

インゲン 収穫 (2015-06-29)

公開日: : 農作業日誌 ,



今年、京果用にインゲンの栽培を試みてる。
ネットを張るのが不得手なので、初めからつるなしインゲンを出荷するつもりでいた。
実際、試作して出荷作業してみると、つるなしインゲンの方がいい感じがした。
収穫作業が早い。つるありインゲンより収穫時目線を動かす量が少なくて済む。
しかし、つるなしインゲンの欠点も分かった、風雨で木が折れる。枝豆では経験したことが無かったので、正直驚いた。
あとは泥はね問題。 マルチ栽培したが、マルチを土で固定したため、寄せた土と株が近いと泥はねで実が汚れる。

あとはつるありインゲンより莢離れが悪く、収穫作業にて力を要する。意外だった。
収穫作業自体が手作業になってしまう。枝豆栽培では、脱莢機などがあり機械化されてるが、インゲンでは莢が柔らかいうえ、莢離れが悪いので現在のところ
枝豆の脱莢機のようなものは存在しておらず機械化されてない。
あと、選別作業も目視による手作業で機会化されてない。

こういう理由もあってサヤインゲンの出荷量はj高齢化とともに減少の一途をたどる。

近年、市場単価は高いが出荷量が減少することに納得した。

なんとか、収穫出荷選別作業を省力化してみたい。

関連記事

no image

今年はきつい。

毎年季節の変わり目はしんどいのです。 特に春先は三寒四温で体がついて行かない上に、ハウス作業があるの

記事を読む

今日は冬の匂いがします。

めちゃくちゃ寒い訳ではないが、光の加減なんでしょうか。 初冬の感じがします。 早朝だったせいか

記事を読む

no image

海老芋 地づくり (2010-05-04)

定植準備。 畝幅を決めて定植溝を掘る。

記事を読む

田植え準備。苗箱に床土入れ。

苗代準備。 苗箱に土を入れた。 5町8反分。 23枚/反の計算で、1334枚に土入れした。 う

記事を読む

no image

コマツナ 播種 (2011-06-17)

先日ハウスに播種したサニーレタスがヨトウムシにだいぶやられたので、整理してコマツナを播種した。

記事を読む

スイスチャード 観察

だいぶ伸びてきた。 植え替えで根付きを心配してましましたが、上手い事かっ着してくれて一安心。

記事を読む

ダイコン 収穫開始 (2010-11-18)

9月17日に播種したミニ大根が収穫できた。 春に作ったときよりよく太ってる。 もう1週間くら

記事を読む

no image

ダイコン 播種 (2010-06-01)

辛味大根の種を播種してみた。 播種適期は完全に外れている。 まあ、この時期に播種してどんな問題

記事を読む

ホウレンソウ 観察 (2011-06-11)

この時期、移植栽培でも播種から40日から50日で収穫出来そうだ。

記事を読む

no image

海老芋 収穫 (2013-01-06)

昨日、小寒の日に今年最初の海老芋を掘り、今日出荷した。 明日の競りが、うちにとって初競りである。 良

記事を読む

海老芋 観察 (2017-01-28)

月曜日が雨予報なので今日、海老芋の収穫をした。 8月に親芋をちゃ

本日、快晴!憂鬱な気分も吹っ飛ぶ!!

本日は、天気予報通りの快晴で3月の陽気。 こんな日は気分も快活にな

2016お米コンテスト結果

数年前から農協の農機展示会にて食味検査があって、ちょっとやっみたら、

no image
久し振りに積雪。

昨晩からの積雪でこのあたりにしては結構積もった。 流石に早朝の路面を見

今日の夕日は特別綺麗だった。

昨日はスーパームーンを彷彿とさせるほどの巨大な月に見えた巨椋池だった

→もっと見る

  • 2017年2月
    « 1月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728  
PAGE TOP ↑