植え爪を外して疎植植えをやってみた。



本日は2枚田植え完了。
O3 (1.3)
O4(1.0)

本日は1条につき2つある植え爪のうち1つを外して田植えをした。
うちの田植え機はクボタの何世代か前の機種なので標準で疎植未対応。
ギア変更で37株植え?が出来るみたいだが結構な費用がかかる。

数年前ネットで見た植え爪を1つ外してての疎植をようやく今年試すことが出来た。

結果的には苗詰まりもなく植えることが分かった。

今年は坪50株の反16枚で植えてたので、まずは坪40株になるようにした。
(爪が1本部減るので機械の設定は坪80株にする。)
これで反12.8枚に植えられるはずだったが、苗切れブザーが予定よりだいぶ早くなって????状態となった。

植え跡を見ると一株あたりの苗の数か多くなっている。

掻き取り設定がそのままにしておくと、爪が2本の時より多く掻き取ってしまうことが分かった。

結局掻き取り設定を最小までにして丁度の感じがしたが、結局、どれくらい苗箱の枚減になるのかは、分からず仕舞。

収穫は爪を1本へらしても苗詰まりにならないことだけ。

実用にするには今後もう少し試験する必要あり。