念願の色彩選別機導入

101118_0931~0001.jpg

米の直売して以来念願の色彩選別機をついに今年導入できた。

色彩選別機とは、かめ虫がお米の汁を吸った後にできる黒い点や、今年問題となっている乳白米を関知して空気圧で一粒一粒弾いて行く機械装置です。

精巧な機械ゆえお値段も高いのです。
最近は低価格帯の色彩選別機も出てるようでまだまだ新品は高価でなかなか手が出ないのです。

近所のお米屋さんに奈良県の山口機械という会社を紹介してもらい、そこで中古機を手に入れることができました。

機種は色彩選別機のメーカーとして定評のあるAnzaiのASOMAC AM-05という5チャンネルの色彩選別機です。

2機の昇降機と2個のホッパーも中古機で取り付けて頂きました。

これでお米を200kgぐらい、ホッパーに貯めて色選にかけれるので、その間はほかの仕事ができるのでとても気に入ってます。

山口機械さんにはいろいろな注文に快く応えてもらい大変感謝してます。

信頼できる業者さんだと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です