ネギ 播種 (2010-04-23)

コマツナを撒く予定の畝の中央にネギを1条播種しました。
コマツナの虫除けと夏場の直売用を兼ねる。

巧く行くかは分からない。

本当はタキイの小夏とか使いたかったが、種子保管用冷蔵庫の中を探しましたら「かおり芽ネギ」なる種を見つけたのでこれを撒いた。

前に作ったときほったらかしといたら、小ネギ位の大きさになったのちょうど良い。

ライムギ 播種 (2010-04-23)

不耕起のまま、ごんべえを使って播種しました

ハウス内の除塩と腐食供給の為、播種しました

青木本にもあるように同じ目的においてトウモロコシも有望。
ハウス内の作物の作型に、いかにして除塩作物を組み込むかが、課題。

ライムギは万願寺とうがらしの裏作として11月播種、3月末鍬こんだ。

この時は多少課題はあったが万願寺とうがらしの出来は良かった。

この時期撒いてネギ定植の6月までどれくらい育つか、確認したい。

欲を言えばサニーレタスが終わったあと直ぐに撒けばもう少し余裕を持って生育出来たと思うが、思いついたのが今日だから仕方ない時。

万願寺とうがらし 定植 (2010-04-20)


万願寺とうがらしの苗を定植した。

自家採取の万願寺とうがらしの種を苗屋にたのんで育苗して定植。

しかし今年は、予定の半分の苗しか出来なかった。

接ぎ木苗の場合、予定苗の倍程度のタネがいるとか。

なかなかうまいこと行かないですね〜。

これからは、接ぎ木苗にこだわらずみしょう苗でもいいか。

とりあえず足りない分は、ハウス内で一人生えの万願寺とうがらしの芽を育苗して植えることにする。

京都市内で専業農家として海老芋を始め様々な野菜を栽培しています。野菜は新鮮さが命。直売で新鮮さ野菜を消費者の方に!