2017露地苗代の準備。



前日までに、しっかり雨が降ったので土壌の水分量は飽和状態となったようなので、ポンプで地下水を入れた。

土壌の水分量が中途半端だとポンプによる地下水の入水ではなかなか、水が田に溜まらない。

水が田に十分、溜まってからトラクターで代掻きをした。

ハローではなくロータリーで代掻きした。

代掻き出来たら自然減水させ、田面を乾かす。

5月連休に籾蒔きした苗箱をここに平置きにして保温シートによるトンネルをする。

芽が切ったらそのまま入水し、プール育苗管理する。

いつか保温シートを使わない育苗に切り替えたい。

トマト 観察 (2017-04-03)



今日の見回りで、スリップスを確認したので、粘着シートをぶら下げた。

今後の対応をしっかり練る。

今年は天敵資材を入れようと考える。

天敵資材を入れてからスリップスが衰えない時の対応を今から計画しておく。

ここ数年トマトはスリップスには困っているので丁寧に対応していきたい。

トマトの定植、1ヶ月前位にハウス内の雑草を除草剤で枯らしておいた成果、例年よりスリップスの勢いは、弱い気がする。

例年より、気温が低めと言うのもあるかもしれない。

いずれにせよスリップスの密度が低いうちに天敵を入れる。

京都市内で専業農家として海老芋を始め様々な野菜を栽培しています。野菜は新鮮さが命。直売で新鮮さ野菜を消費者の方に!