ジャガイモ 観察 (2017-03-08)



ここ数日、寒気が入って風が結構強く吹く。
ジャガイモにしたマルチがめくれ上がってしまい、何回もマルチに土を乗せなおした。

1.4mの畝には、135cmのマルチが合うことが強風のおかげで分かった。
135cmのマルチなら畝際まで覆う事ができ、土寄せでしっかりと固定出来る。
95cmのマルチではそれが出来ないので何回もマルチ下に風が入ってしまいめくれ上がってしまう。
マルチ代をケチった代償だった。

来年の確定申告作業スタート

先週、今年の確定申告作業が終わったが、まだ色々、課題、整理したいことが頭に残っているうちに

来年の確定申告作業をスタートした。

昨年も同じようなことを思ってたが、結局やらずじまいで5月の連休を過ぎ、ずるずると年末まで至った。

しかし、昨年から農業簿記ソフトからMFクラウドに移ったので通帳と、カード決済の入力作業が大幅に楽になったので

一昨年よりは余裕をもってできた。

MFクラウドの自動仕分けのルールを整理した。MFクラウドもいじってるうちに慣れてきた。

先週の確定申告のときの要点、課題を覚えてるうちにエバーノートに書き込んでいく。

分からないことはグーグルで検索、国税局のページとエバーノートの往復作業。

やっと税金のことが分かってきた感じ。それでも嫌な作業には変わりないが、できるだけスムーズに記帳できるような仕組みにしておきたい。

支払いは通帳引き落としかカード決済にできるだけ集中させたいがなかなか、農業関係はカード決済出来るところが少ない。ホームセンターではカード決済できるが

個人の肥料屋、資材屋、種屋ではカード決済できるところは殆どない。肝心の農協の購買がカード決済に対応してないので痛いがJA口座から引き落としなので

まだ、なんとか納得。でもカード決済だとありがたい。

 

 

頭上散水チューブを撤去した。



現在、海老芋の出荷調整作業場になっているハウスで昔、トマトを作ってたころの散水チューブを撤去した。
10年以上前に設置したので紫外線でボロボロなっている。
撤去作業も慎重にしないと粉々になって落ちて行く。

元々細霧による夏場の気温低下を目指したが細霧システムは高額なので果樹用の頭上散水チューブを設置して気温低下をやってみた。
結果は湿度は上がったが気温を期待したほど下がらなかった。
多分高額細霧システムでも同様だろうという見当がたった。
自分が設置した頭上散水チューブより高額細霧システムで気温はより下がると思うがその程度の下がり具合ではトマトの割れとかは回避出来そうにない。
まだ現代農業に載ってたビニールハウスに消石灰を溶かした液を動噴でかけて遮光する方が涼しさを確実に実感できた。
今となっては色々やったなあと言う思い出。
回り道だった。

トマト 施設補修 (2017-03-01)



他の仕事の合間にコツコツとスリップス対策のネットを張る作業をしてたが漸く完了した。
ここ数年トマト栽培でスリップスの被害がひどかった。
栽培後期のトマトは本当にひどかったので早く切り上げる年が続いた。

漸く今年ネットを張ることにした。
スリップス対策として最近当地でもよく見るようになった赤色のサンサンネットを選択した。

このネット、数年前に知ったがだんだん設置施設が増えて来ているので効果ありと判断して購入した。

スリップスは難防除害虫なので厄介。
今年は天敵導入も視野に入れたい。

京都市内で専業農家として海老芋を始め様々な野菜を栽培しています。野菜は新鮮さが命。直売で新鮮さ野菜を消費者の方に!