「エダマメ」タグアーカイブ

2012年度エダマメ初播種。



エダマメの種を128穴セルに播種。

品種はたんくろう。
早生の黒豆エダマメ。

京都の黒豆エダマメといえば、丹波大納言などを選抜育種した紫頭巾や、、
其れより収穫時期を早めることに成功した夏ずきん
ですが、これらは、晩生の品種なので収穫時期は9月以降です。

たんくろうは、丸種種苗が開発したF1早生品種です。香りは茶豆系の香ばしさは有りませんが味は黒豆系の濃厚さがあります。

発芽率、作りやすさも含め、盛夏に出荷できる黒豆系エダマメとしてはダントツの品種だと思います。

エダマメ 定植 (2011-06-25)

黒豆のエダマメを定植した。
ハンドプランターで定植した。
ハンドプランターは、腰痛持ちにとって非常に心強い味方だ。
定植の際、腰を落とし屈まなくても良いのがなんともありがたい。

大豆の断根摘心栽培を読んで、自分でも10本ほど苗を作ってみた。
作ってみて思ってたより枝豆とはたくましい作物だと感じた。
粗雑に扱っても差し支えないような感じ。

一方でセルと自家製籾殻培土の組み合わせでの発芽が非常に悪い。
セルを使う理由は、ハンドプランターでの定植を考えてのことだ。
しかし今日、播種床に播種した苗をごん棒引きでとって、ハンドプランターで定植しても難なくできた。
発芽の悪いセルを使う必要がなくなった。

今回は播種床に播種して、双葉より上の成長点が本葉を展開し始めたら摘芯した。
トマトでいう2本仕立てみたいな苗を作って定植した。
定植の時、苗をごん棒引きにして、長い直根は手でむしりとってからハンドプランターで定植した。

今までは考えられない粗雑な扱いでの定植である。

こんなに扱っても多分上手くいくと思う。

エダマメ 整枝作業 (2011-04-19)

エダマメ 整枝作業

2月15日播種、3月4日定植のエダマメの摘芯をした。

ハウスの中の一番遠い端に植えたので定植後本当にほったらかし。

この作は出荷用ではなく自分の経験の為なので全部で40株程度。

去年より45日早く播種してどれくらい早く収穫出来るのか?
ちなみに昨年の収穫開始は6月21日。

でもこのあたりで収穫できた方が田植え終わりで都合が良いが。

久しぶりに見たら摘芯サイズまで育ってたので摘芯した。

エダマメの摘芯は数年前の現代農業の記事より。

やっと菜種梅雨が来たかと思ったら今日は雹まで降った。