「トマト」タグアーカイブ

トマト 観察 (2011-07-02)

トマトの収穫をしている母親の話によると今年は養液栽培のトマトの割れが少ないらしい。

思い当たるふしは、潅水タイマーがエラーで潅水出来てなかったこと。

対して土耕は尻ぐされでカルシウムを少しでも吸わしたいので、潅水を多めにしている。

この差が出てきた感じがしている。

昨年まで1日5回潅水してたが今年は3回に減らしてみようと思う。

尻ぐされを出したくないので、早朝の潅水を無くしてみる。

トマト 観察 (2011-05-16)

トマト例年なら収穫開始間もない頃はそんなに収量は増えてこないのに今年は明らかに収量が多い。

赤くなるペースが速い。

栽培管理により例年より木が細い為、パワーが無く子孫を早く残そうと赤くなるのも早いのか?

または曇天気味の天気故、光合成不足で子孫を早く残そうと赤くなるのも早いのか?

それか例年より収穫開始が遅いのでその分、いっぺんに増えてきたのか?

養液栽培施設撤去作業

トマト 施設補修

長年使ってきたトマトの養液栽培用のベット12畝のうち6畝を撤去する事にした。

昔はトマトを年2作、京果に出荷してたが次第に経営の直売の比率が高くなるにつれてトマト栽培の量も市場出荷に比べると減って養液栽培の施設も過剰状態となっていた。

土耕に戻すことにより、サニーレタスの栽培を増やすことや、他のハウスを緑肥栽培などで休ます事が出来る。

数年迷ってたがやっと決断した。

海老芋とサニーレタスの出荷作業の合間に少しずつ撤去作業する。

温室カーテン補修

トマト 施設補修

もうすぐトマトの苗を定植するが、トマトの温室のカーテンがボロボロで大きな穴があちこちにあいている。
このままだと暖房効率は大幅に下がり、重油の無駄使いになってしまう。

取りあえず今年は余ってる防草シートで補修する。

このボロボロの保温カーテン、前回張り替えたのは2003年の2月なのでおよそ、8年もっている。

もう充分役割は果たしたという感じだ。

来年は早めに張り替える。

今日は1人で静かな温室で補修作業している。
外は冷たい風が吹いている。

これからの作物作型とか考えながら作業すると楽しい。

しかし基本的に作物をいじる作業では無いので面白くないし、テキパキ作業も進まないので飽きてくる。

業者に頼むと高くつくし自分でやるしかない。

因みに来年予定している温室天井の保温シートの全面張り替えも業者に頼まず自分たちでやります。