「定植」タグアーカイブ

2017田植え終了。



本日は7枚田植え完了。
今年の田植えは、疎植に関して、爪抜き植えが試すことができたのが最大の収穫だった。
用水取水ポンプの故障というアクシデントもあった。
昨日お昼過ぎくらいから、一応用水路の水位は回復したみたいだったが、これからどうなるか分からない。

今年は鉄コーティング直播しなかった。
べんモリ直播が有望かも知れないと最近考えるようになった。

今使ってる田植え機の側条施肥機を利用するとすると、鉄コーティング直播よりべんモリ直播の方があっていると思う。

昨年の鉄コーティング直播の苗立ちは申し分なかったが、倒伏に弱そうな感じは昨年も拭えなかった。
べんモリ直播はある程度覆土するみたいなので、このあたりがどうなるかやってみたい。

今年も田植えの時、側条施肥機の部分をずっと観察してた。
籾を直播するには側条施肥機の末端部分とフロート部分のちょっとした改良がいる感じがする。

鉄コーティング直播よりべんモリ直播の方が改良する幅が少なくてすみそうに思う。

AM1 (0.9 )
I1 (1.7 )
I2 (0.7 )
ART6 (1 )
YMFJ10(1.7 )
ART2 (1.4 )
YMFJ4 (0.6 )

コメ 定植 (2017-06-08)



本日は11枚田植え完了。
今日は苗おこしに徹する。
おこした苗箱は280枚。
今日は疲れた。
しかし、大幅に前進したので、明日には田植えも終わりそう。

ここ2、3日の田植えは田んぼが長方形で植えやすく170g蒔きの苗で掻き取りを標準で15枚/反程度の苗消費量だった。
来年の参考にする。

今日の田植えは欠株が大幅に改善した。
苗キーパーの効果が出たと思う。
この調子なら苗の掻き取り量をもう少し減らしても大丈夫な気がして来た。
そうなれば、今の条件で安定的に13枚数/反に出来る。

それと爪1つ外しての疎植にすれば念願の10枚/反も夢ではない。

AR1 (2.1)
YMFJ11( 2)
N2 (0.8)
N1 (0.7)
M1 (0.7)
TA1(1.0)
T1 (2)
ART4 (2.4)
ART6 (1.6 )
D4 (2)

コメ 定植 (2017-06-05)

本日は6枚田植え完了。
今日も天気が良く風も結構あって乾燥気味で口の中がパサパサになりがち。

午後4時頃今日の田植えを終わる。
時間的にまだ出来たが、次の田から用水取水ポンプの壊れてる地域の田植えなので、
水が明日来る保証がないので田植えは控えた。
ポンプの故障が長引けば、これはちょっとまずい感じがする。

D8(2.7)

コメ 定植 (2017-06-04)



本日は9枚田植え完了。
宇治川観月橋下流からの用水取水ポンプが故障の為停止。
なんともタイミングが悪い。
今日田植えしたところはこの用水と関係無いので無事田植え出来たが、代かきしたところが干上がりかけているので故障が何時まで続くのか気になる。

H1( 2.0)
W1(1.3)
W2(1.4)
YMFJ12(1.4)
YMFJ13(3.0)
NM1(2.0)
NM2(1.0)
NM3(1.4)
U1(3.0)

植え爪を外して疎植植えをやってみた。



本日は2枚田植え完了。
O3 (1.3)
O4(1.0)

本日は1条につき2つある植え爪のうち1つを外して田植えをした。
うちの田植え機はクボタの何世代か前の機種なので標準で疎植未対応。
ギア変更で37株植え?が出来るみたいだが結構な費用がかかる。

数年前ネットで見た植え爪を1つ外してての疎植をようやく今年試すことが出来た。

結果的には苗詰まりもなく植えることが分かった。

今年は坪50株の反16枚で植えてたので、まずは坪40株になるようにした。
(爪が1本部減るので機械の設定は坪80株にする。)
これで反12.8枚に植えられるはずだったが、苗切れブザーが予定よりだいぶ早くなって????状態となった。

植え跡を見ると一株あたりの苗の数か多くなっている。

掻き取り設定がそのままにしておくと、爪が2本の時より多く掻き取ってしまうことが分かった。

結局掻き取り設定を最小までにして丁度の感じがしたが、結局、どれくらい苗箱の枚減になるのかは、分からず仕舞。

収穫は爪を1本へらしても苗詰まりにならないことだけ。

実用にするには今後もう少し試験する必要あり。

エダマメ 定植 (2017-05-22)



日中は暑すぎるので、定植は夕方にした。

日中に定植作業すると熱くなりすぎた黒マルチ(ビニール製)に苗が触れると焼けて枯れていく苗が多いので今年はこれから晴天の日の定植作業は夕方にする。

昨年はこれで苗を結構ロスした。

本日定植分から、鋤き込むと微生物によって分解する生分解マルチに定植する。

生分解マルチでも穴あけバーナーで綺麗に穴が開けれたので安心した。
生分解性なので熱で焼くと何か不都合な事が起こるのでは?と思ってたが、むしろ黒マルチ(ビニール製)より綺麗に穴が開いた。

あと黒マルチ(ビニール製)を穴開けバーナーで穴を開けると黒マルチの細かい焼きかす、切れ端しなどが残ったりするので、それらを回収する作業をしなければならない。
生分解マルチでも、同様な事は起こるが微生物で分解するので、回収作業を省略できるのは非常に効率的だった。

ホオズキ 定植 (2017-05-18)



食用ほおずきを定植した。
春先、近くの農家さんに貰って食べた味が忘れられなくて、作ってみようと思った。

3/26にコート種を購入して播種したが、結構発芽率は悪い。
4/6に1回目買った所とは別の所で買い直して播種した。
裸種でちょっと不安だったがほぼ100%の発芽率!
しかし、恐ろしく種が小さいので播種には神経使う。

8月頃が楽しみ。