「播種」タグアーカイブ

2016籾蒔き完了

例年籾蒔きは20枚/反の計算で蒔いていたが、昨年の田植えで全体の半分位を16枚/反で植えたので、今年は17枚/反の計算で籾蒔きした。
使用する苗箱の数が結構減った。
これだけでも精神的にだいぶ楽。

ようやく世間並みの苗箱数に追いついた感じた。
近隣農家では13枚/反でやってる人もいるみたい。
今年、13枚/反で収量がどうなるかやってみたい。
みんな苗箱の数は減らしたい。

今年は土入れをリフトでフレコンを吊り下げる方式から、フレコンをドラム缶で作った台に載せる方式(一昨年の方式)に変更した。
やはりドラム缶方式の方が安定感がある。

例年籾蒔きでは何かしらトラブルがあるが今年は比較的スムーズに籾蒔きが出来た。

しかし課題もまだまだある。
今年は期間中晴れたのでスムーズに出来たが、うちの場合、雨が降ったり風が強ければスムーズに行かないのは容易に想定出来る。

倉庫内を整理してスペースを確保出来れば今以上に籾蒔きの安定度が増す。

床土入れ、籾蒔き、覆土と、一発で出来る機械があればもっと効率的になるけど今のところ優先順位はだいぶ低い。
やはり使用する苗箱を減らすことで効率化を達成する。

今年の苗箱の数はだいぶ、減ったがそれでも育苗ハウスに入りきらなかった、苗箱は露地にて育苗した。
露地育苗の際、保温シートでトンネルを作るが、これが面倒。

10年程前まで全て露地育苗してたが、良くやってたと思う。
トラブルも絶えなかった。

オクラ 播種 (2016-04-26)

直売用オクラを播種した。
今年も昨年に引き続き丸オクラを播種した。
昨年の丸オクラは大失敗。
殆ど採れなかった。
今年は大豊作にしたい。
畝立て後使い古しの白マルチを張った。
今年は2条植で栽培
するが昨年は1条植であった。
1条植の穴の下に、もう一つの使い古しのマルチを敷き穴を塞いだ。
それから、ハンドプランターを使ってマルチに穴を開けながら、種を3粒落とし播種していった。
株間は50cmにした。

ハンドプランターは播種にも使えるので本当に便利。
明後日雨予防なので取りあえず灌水せずに他の仕事をした。
明後日雨が降らなかったら灌水する。

サヤインゲン 播種 (2016-03-30)

エダマメ同様3月23日播種したサヤインゲンは播種深度が深く発芽に不安があるため播種し直した。
前回の播種穴にもう一度播種して行ったが途中から、前回の播種穴はそのままにして、その間に播種して行った。
今回はハンドプランターの深度を一番浅くして手加減にてそれより更に浅く播種した。
昨年、露地サヤインゲンをハンドプランターで播種したときもこんな感じだった事を思い出した。

蒔き直しとはなんとも爺むさい話である。
品種はキセラ。

海老芋の苗づくりスタート

5月上旬に定植する海老芋の苗を作る為にポットに培土入れて種芋を埋めていった。
種芋は
3月のいもぼうさん納品分を収穫したときのこえびちゃんを使ってるのでほとんど腐り無しなので、気にすることも少なく順調に苗づくりが終わった。
エダマメでは全く使えない自家製培土だが海老芋では不都合なく使えるので大変調法してる。
大昔はこの自家製培土と購入した まさ土を配合してたが、自家製培土だけで育苗出来ることが分かったので、まさ土は使わなくなった。

エダマメ 播種 (2016-03-06)

2月末に播種したエダマメ培地の中で腐ってた。
播種期限がだいぶ過ぎてたので発芽は良く無いかもしれないが、全て発芽しないのは培地に問題があると思う。
もともと肥料分の多い培土だったが。
それゆえ燻炭と1対1で混ぜて肥料分を
下げてもまだ、駄目のようだ。
エダマメの苗づくりの時はこの自家製培土に拘るのはやめにする。

と言うことで、エダマメをもう一度播種した。
品種は今年購入したサヤムスメ。