「観察」タグアーカイブ

トマトの尻ぐされ対策。



トマトの尻ぐされ対策をした。
尻ぐされが出るとなかなか止まらない印象があるので厄介だと感じる。

とりあえず実に対して180度裏の葉(写真の赤丸部分)を撤去した。
それから、塩化カルシウム200培希釈、尿素300培希釈、食酢500培希釈の混合液を実に散布した。

この混合液を一週間に一回のペースで散布していこうと思う。

2017 被覆シートを取って緑化硬化開始。



苗箱を苗代に老いてから5日が経過して被覆シートを剥がした。
今日は曇天だったが念の為シートは夕方に剥がした。

これから水稲苗の緑化硬化開始。
向かって左側が泥で少し汚れた3年物のシートで発芽させた苗。
右側が今年新調した被覆シートで発芽させた苗。
両者に遜色無し。
スッキリ発芽が揃うと気持ち良い。

コメ 観察 (2017-05-11)



ハウス苗代の方の籾の発芽を確認した。
昨年は被覆シートを2種類(別商品)使ったので、発芽の早い遅いが生じた。
今年は昨年の試験で早く発芽したほうのシートを新たに購入して被覆したので、発芽が揃った。

露地苗代のほうは設置がハウス苗代より1日遅いので、まだ発芽してない。

トマト 観察 (2017-05-08)


本日、1段目の摘果を始めたが、尻ぐされが非常に多く、失望した。
なんでこんなに多いのか?
品種を「CF桃太郎はるか」「ごほうび」に変えたのが一番の理由だが、それにしても1段目からの尻ぐされは、ショックだ。
以前、「ごほうび」で尻ぐされが出たのはECが1.5にしたとき位だった。
現在のECは1.3位なので尻ぐされが出るまでまだ余裕があるはずなのだが。
とりあえずECを1.2に下げ、様子を見る。
そして明日、カルシウムの葉面散布行う。
早めに対応する。
雨ふりの時、水分を控えるため潅水を1回/日にしたとき肥料分確保の為ECを1.5位まで上げて潅水したときがあったがそれが原因か?
それとも、
やっぱり明日は肥料無しで水分だけで潅水する。

2017稲作 苗箱への床土入れ作業。



本日は、連休での苗箱への床土入れ作業。
小6長男と小3長女はすっかり即戦力となる。根気良くやってくれ本当に助かった。
昼からの作業を二人だけで勝手にやり始め、パレット1枚分(苗箱150枚)を入れ移動までやってくれてたのには、驚いた。

本日、およそ1050枚+70枚の苗箱に床土入れをした。16枚/反の計算だが、田植えの時は植え始めから13枚/反目標で植えて行きたい。
減らせるならそれ以上に減らしたい。

16枚/反では、不安だから17枚/反に使用と言う意見が出たが、即却下。
そんなことやってたらいつまで経っても苗箱が減らない。

これでも先進的な産地、経営体からすれば多すぎる枚数。

目標は、10枚/反位にしたい。

エダマメ 観察 (2017-04-29)



昼休み中に父親から携帯電話連絡があった。
昼からの下り坂、突風でエダマメの穴あきトンネルが飛ばされた。
まだまだ、トンネル栽培には、慣れてないというか、経験も修行も足りない事を痛感。
結構良い感じでトンネル設置できたのに、これくらいの突風でトンネルフィルムが飛んだのがショック。

朝は晴れてたのに昼から下り坂。雷までなり始めた。
最近の短期の天気予報の精度には驚かされる!

エダマメ 観察 (2017-04-27)



2/22播種、3/25定植の福だるま(写真下)が非常に良くない。
2/16直播の福だるま(写真上)と比較するとその差は歴然。

成長不良な草姿ですでに花が咲き始め、莢もちらほら確認できる感じ。

2/16直播は透明マルチ3条植え。播種後穴あきトンネル。

2/22播種は黒マルチ2条植え。定植後穴あきトンネル。

何が駄目だったのか?
育苗管理が良くなかった様に思う。
無加温管理で1ヶ月もかかってしまい、それから定植したので断根気味。

低温にあう時間が長かったのに加え成長不良になってしまったのが要因か?

直播は低温にあっても根が切られてないので、停滞期間がなかったのが良かったのか?

来年は早蒔きは直播優先し、育苗管理するときは夜間加温する。
夜間加温の設備がないのでどうなるか分からないが。

ジャガイモ 観察 (2017-04-08)



今年、初挑戦のジャガイモの高畝マルチ一発栽培でジャガイモの芽が切ってきた。

播種後、畝を全面マルチするやり方は、他の作物でも経験したことが無いので、とても不安と言うか、いろいろ考えてしまった。

何となくマルチが所々膨らんでる様に見えたので、膨らんでいる箇所のマルチを破ってみるとしっかりとした太い芽が出ていたので、驚いた。

このやり方、他の野菜でも使えそうな気もする。

未知の方法藻一度経験すればなんてことない様な気がした。