「キュウリ」タグアーカイブ

現代農業2020/10月号のタンニン鉄を試してみた。

今月の現代農業で、タンニン鉄が特集されてた。これで、3回目?の特集だと思う。

今月号では渋柿でも出来る記事があったので、さっそく試してみた。

9/8 錆釘と渋柿8個(まだ、この時期は小さい)を漬け物樽で仕込んだ。
渋柿は少しでも表面積を稼ぐために、ジューサーミキサーで粉砕した。

仕込みたては緑色。

 

9/10 翌日から変色して2日後には紫色になった。

9/10 完成と判断してキュウリ(1畝のうち18株くらい)の株もとに原液をかけた。
どんな違いが出るか楽しみ。

キュウリ 観察 (2017-05-15)



3/21に定植したキュウリがようやく本格的に採れだしてきた。

昨年は始めから、葉の葉脈が色が抜ける感じで良くなかったし、散々悩んだが、辞典に掲載のカリ欠の様子に何となく似ていたため、土壌分析したところ、カリウムの著しい欠如状態だった。

今年はいつもの肥料と一緒に始めから緩効性の珪酸カリウムを入れておいたので昨年のような症状は出ず順調に行ってる。

キュウリ 観察 (2016-06-02)

5月7日に定植した今年第2弾のキュウリ

タイマー不調で水をやり過ぎた。

畝の横のマルチ直下まで根が張ってるのを確認。

ハウスの周りの田んぼに水が張られたので、ハウスの地下水位も上がってるので、畝と地下水分が繋がってるので灌水を押さえ気味にする。
マルチ直下の畝の具合を確かめながら灌水をする。

キュウリ 観察 (2016-04-01 )



午後母親からキュウリのアザミウマ確認してと言われたので確認しに行った。

葉裏のアザミウマを確認したところ、大変見にくかった。
いよいよ老眼になったのだと自覚した。

ホームセンターで観察用虫眼鏡の購入の必要性を痛感した。

葉裏では確認出来なかったので、花を観察したところアザミウマの存在を確認出来た。

花色の黄色とアザミウマの茶色とのコントラストがはっきりしてるので容易に確認出来た。

確認出来たので対策を考える。