年末、今年のうちに親知らず抜くことができた。

3日前、やっと親知らずを抜くことができた。
6月頃歯が痛くなりすぐに歯医者に行った。
親知らずに虫歯があり、抜いた方が良いと言われたが、なんか親知らずを抜くことにえらいたいそうに言わはったのですっかり抜くことを躊躇してしまった。
それ以来歯は疼くものの我慢してた。
しかし最近食べる時痛みが強く良く噛めず、胃の調子も悪くなってきた。
正月をまたぐのが不安だったので歯医者に行くことを遂に決心。
6月行った歯医者は行かず以前親知らずを抜いた別の歯医者に行った。
診察2分で抜くことに決定。
まだ抜くことに躊躇感があったが麻酔をうち、あれよあれよと言う間に抜けていた。
前に抜いたときもこんな感じだった事を思い出した。
これで、食べる事に躊躇しなくなってうれしい。

医者たるもの患者を不安にさせてはならないことを痛切に感じた半年だった。