ハンドプランター改良

コスレタスを定植する前にちょっとハンドプランターを改良した。

改良点は植え付け深度をもう少し浅くする為に、ハンドプランターの植え付け深度を調整する部品に
小さく切ったコンパネをビス止めした。

植え付け深度を一番浅く、設定しても、サニーレタスや白菜を定植するときは、植え付け深度が少し深いと感じるので、浅くなるようにちょっと改良した。

白菜やサニーレタスは株元から外葉が直ぐに展開しているので、ココに定植時の土が被さってくると病気や腐りの一因となり兼ねないから。

自分はあまり気にしないが父親はとても気にする。
特に白菜の定植ではハンドプランターを使いたがらない。

これでは宝の持ち腐れになり兼ねないので、今回良い機会だったので改良した。

思ったより簡単に改良できたし植え付け深度も丁度良い感じだ。

重さもそんなに重くなったとは感じない。
とりあえずやって良かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です