「海老芋」タグアーカイブ

今秋の海老芋の出荷へ向けて

今日、夕方トマト用の防虫ネットを張ってるときに京果近郷のO君が出先から京果への帰り寄ってくれた。

今シーズンのうちの海老芋についての意見交換と、今年疑問に思ったことを質問した。

加えて丹後の海老芋の品質(荷姿)が高いことの再確認。出荷調整について色々反省点があった。

出荷調整作業の見直し。後は、やっぱり形。

うちはやっぱり、昔の海老芋の形っぽい。今の感じではない。

結構今年の栽培方針で迷いが多く頭の中がまとまらなかったが、今日色々しゃべてみて今年の栽培の目標が明確になってやる気も湧いてきた。

 

今シーズンの海老芋、最後の市場出荷



今日の出荷、明日の競りで今シーズンの海老芋出荷が終わる。
今年の市場での評価は厳しいの一言。
結局、明確な原因の確信も無いまま最後まで来てしまった。
越冬作業の時、ずいきを残さずきってしまったことが悔やまれる。
あとは、ようわからん。
シーズン中、選別のやり方、磨き方もあれこれ変えてみたけど全く値段は待ってた変わらず超低空飛行。
前半、神経質に選別したときも、2月上旬から下がりきったモチベーションで選別したときも、同じような価格。
もう、選別の必要ないやん!て言う感じ。
今年ほどストレスのたまった年はない。
kg単価も過去最低だった。
過去最低のkg単価で11月上旬から今日までやってきてほんま、ストレスフルなシーズンだった。秀も丸も長もほとんど変わらないような値段で仕切られると出荷選別作業が無意味に思えてくる。
こんな仕切り値なら丸洗いして全部適当に箱詰めして無選別で出しても同じやん。と考えてしまう。
収穫も時間かかるし、選別出荷作業も時間かかるし。
はっきり言って一番手間暇のかかる京野菜。こんな価格やったらサニーレタスした方がずっとマシ。
なんでこんなことしてるんやろ。苦行してる気分。

こんなこと書き込むと心証も悪くなるし子供みたいやけど、ストレスもたまってるし書く。

これも長い人生の良い記念になった。
後から読み返して「ああ、こういう年もあったなあ。」と思えるようにまた頑張る。
だから、今は正直な気持ちを書き残しておく。

来週からまた、来シーズン用の海老芋の苗づくりが始まる。
牛の涎で頑張る!!

海老芋 観察 (2017-01-28)



月曜日が雨予報なので今日、海老芋の収穫をした。

8月に親芋をちゃんと処理出来てなかったので、大きい親芋が結構出て来た。
ヘタクソの証。

近年で最低のレベル。
昨夏は暑かったのか、他の仕事で手をとられたのか、親芋の処理が甘かった。
小芋の大きさのバラつきも大きい。

今年の夏は早め早めの処理を心掛ける。

今日掘った海老芋からちょっと出荷調整作業のやり方を変えてみる。

久し振りに積雪。

昨晩からの積雪でこのあたりにしては結構積もった。
流石に早朝の路面を見て運転に自信がなくなったので今日の生協への野菜納品は休んだ。

昼から畑に行って海老芋の選別作業をした。
今日から海老芋の磨き方をまた変えてみた。
毎年磨き方は迷ってるような気がする。

2017海老芋集荷再開。



先日、収穫再開して、今日位から本格的に出荷再開。
収穫のときは、海老芋の形の期待はずれさに、気分も下がりっぱなしだったが、ここ2、3日で選別作業してるとそんなに悲観する程では、無いかなあと言う感じ。
だだ株間狭めて3Lサイズ狙いにすると2Lサイズも多くなってきて、磨き作業が煩わしくなってくる。
やっぱり良くないかな?株間狭めるやり方は。
施肥量で調整する方が良いのか?
施肥量で調整する方が不安定な気がして毎年やらないけど、次作はやってみるか。

海老芋、本年の初収穫

今年最初の収穫を行った。
良形出るように工夫した畝だったので期待して収穫作業したが全くの期待外れに終わった。

白ずいき用の作付けした畝の海老芋が思いの外生育が良く無かったので、海老芋として収穫する事に変更した畝は親芋のずいきを飛ばすのを忘れたかと思うほど親芋が大きく、かつ小芋の形も不安定で色々な形があって一貫性がなく収穫してて滅入ってきた。
もう一つは株間を37cmにした畝で、ここも良く無かった。

ここは期待してたが全く良く無い。
株間を狭めたので小さめの海老芋が出来ると思ったが、大きいのと狙い通りのとが小さめとが共存しているような感じ。
おまけに形が丸ばかり。
土寄せの量が少ないとは全然思わない。
むしろ多かったかなと思うほどだったのに、丸ばかりで、困惑状態。

選果出荷調整作業が滅入る。

海老芋 収穫 (2016-12-12)

明日、雨ということで今日1畝海老芋を収穫した。
今まで収穫した畝と今日から収穫する畝は、土寄せの仕方、タイミングが違う。
今まで収穫した畝は従来の土寄せのやり方。
今日から収穫する畝は今年、試したタイミングとやり方。
今日収穫してみての感想は、良型が多いと感じた。
良型でも太りが悪いと秀ではなく長になっている様に感じた。
しかし良型(秀)の割合が高いと感じた。
これから収穫する畝が非常に楽しみ。
これから収穫する畝での良型比率が高ければ、来年からこの土寄せの仕方を全面採用する。
今日は収穫しながら久々に楽しく、ドキドキしっぱなしで収穫した。
今年の試した土寄せのやり方を思い出しながら来年する土寄せの方法を練りながらの収穫作業であった。
今年はノートにメモしながら土寄せした。やっぱり紙のノートにメモするのが一番良い!
紙のノートにはスマホとかタブレットとかの長所である検索性を犠牲にしてもあまりある利点、効能があるのを感じた。