台風前に稲刈り開始。


台風前に何とか、きぬむすめの植わってる田んぼの稲刈りを終えることができた。8反分程度。
巨椋池の米は、ヒノヒカリが主力なので、大部分の稲刈りは来週末からスタートだと思う。

一足先にある程度、稲刈りが終わるのはちょっと、気持のいいもんだ。

昨日は始めに刈ったきぬむすめのウスヒキだったが、久々の作業なんで今日は筋肉痛に。
手が痛い。
今年は腰痛もあって、思い切ってホクエツの玄米キャッチャーを導入してのウスヒキ。
使い勝手は、良い。満足。お蔭で腰への負担は大分減った。

今年のきぬむすめも、良い出来だった。
シラタも少なく、粒も大きい。
ヒノヒカリ用のロング肥料を使ってるが、近年の高温故か、ヒノヒカリよりも、相性が良いと感じる。
巨椋池でどれくらい、きぬむすめが作付けされてるのか分からないが、巨椋池の気候にあった、品種だと思う。
京都府も早く、きぬむすめを奨励品種に入れれば良いのに。

今年は、昨年よりきぬむすめの作付け割合を増やしたが来年は今年よりも増やしたい。