三条(サトウ血管外科クリニック)まで下肢静脈瘤で通院。


今年の3月中旬に下肢静脈瘤の手術をした。
その術後治療のため通院してきた。
11:30の予約だったが間違えて10:30に行ってしまった。
しかし、相変わらずの混雑ぶりというか繁盛ぶりだ。
だから待ち時間を短くするための予約必須というわけだな。

手術スケジュールも詰まってるため、本来なら5月中旬の手術実施だったが、たまたま3月中旬の手術予定者の方が骨折でスケジュールに空きが出来たため自分に回ってきた。
多分自分の脚の状態が非常に良くないため声をかけて頂いたのだと思う。
電話をもらったら迷わず3月中旬の手術日を承諾した。

非常にラッキーだった。
手術そのものの痛みは1ヶ月位で完全に消えた。
足のだるさも術後硬化療法の翌々日とか完全に消えるがその後また徐々に出てくる。
神経に残るだるさの記憶が消えるまでもうしばらくかかりそう。
そのだるさも、足の浮腫がなくなるにつれてだいぶマシになってきた。
普段の脚の使い方も影響あるのだと実感している。
なので万願寺とうがらしの栽培は、やめた。収穫作業の姿勢がしゃがみながら数時間続く。
これは非常に下肢静脈瘤にはきつい。
直売用を一畝栽培するが収穫作業は母親か嫁さんが担当する予定。