2016海老芋定植完了

何とか今年は連休中に 海老芋の定植が完了した。
籾蒔き同様、スムーズに行った。
スムーズな一番の要因は今年の育苗は大変上手くいっため。
トンネル育苗だが出来るだけ遅く開け出来るだけ早く閉めるようにした。
それから散水口を使って出来るだけまんべんなく大量の散水を心掛けた。
少々湿っていても晴れなら散水した。
おかげで今年の苗は丈が均一で凸凹が少なく定植のときにほとんど選別しなくて良かった。

植溝は昨年より浅めにした。
昨年めちゃくちゃ浅い所の海老芋の形が良かったので深さに拘るのは間違いかなと言うかんじによる。

今年は植溝を掘って苗を置いていき、三角鍬で溝の壁を崩し苗を仮固定するやり方を思いついた。
従来の手で土寄せして苗を仮固定するやり方よりも、作業が早くて楽だった。

今年も株間を38センチと30センチの畝を作って試験してみる。

昨年は初期生育が良く無かったので株間変更の意味が見いだせなかったので今年もう一度試験する。