万願寺とうがらしに敷き藁

万願寺とうがらし その他

万願寺とうがらしの株もだいぶしっかりしてきた。

土壌水分の安定と抑草のための敷き藁をした。

敷き藁は白のビニールマルチより地温が2、3度低いので
夏場のハウス栽培には欠かせない。

逆に苗を定植して直ぐに敷き藁すると、地温が低くなるため苗がなかなか大きくならない。

3年前これで、失敗と言うか、大きく出遅れた。

敷き藁は昨年の稲刈りが終わってしばらくしてから集めたものを屋外でビニールを被せて保存したものを使用。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です