最近は天気に気を使う日々です。


先日の宇治の各地で浸水した、京都府南部豪雨以来、天気に気を使う日々が続いてます。

日中は晴れあがり高温、夕方雷と共に崩れる様な感じで。

降り方が昔の夕立とは違い破壊的なので恐怖感を覚えます。

今年はとうがらしの市場出荷を再開したので、夏場のハウスの管理に気を使うので余計に天気のことが気になります。

尻腐れ対策でハウス内の温度を少しでも下げたいので換気を全開にしています。

雨になれば、直ぐにこの換気を閉めます。
破壊的な雨がハウス内に入らないため。
入るととうがらしの根が痛み、青枯れで枯れて行く可能性が出てくるため。

うちのとうがらしハウスは雨センサー付き自動開閉換気ではないので、雨降れば直ぐにハウスに行って換気を閉めなければなりません。

降ったり照ったりの繰り返しの天気のときは非常に面倒くさいです。。

今日も午前中、良く晴れていたが、昼過ぎ暗くなって来て雷の音が聞えたのでハウスに直行。

宇治川堤防から北を望むと、京都市街ではたっぷり雨が降っている様子が見えた。

こちらにむかってきそうだったので換気を閉めた。

しかし、幸い雨雲はこちらには来なかった。

疲れる。(^_^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です