今年を振り返って。


今年も父親主導の作付けで、それをこなすために疲労した一年間であった。
こんな事書いてると運気も逃げていくだろうけど。
稲刈りが始まってからそのまま海老芋収穫に移り、海老芋関係の仕事がピークとなる12月。それと生協出荷を平行していかなあかんのでそら、疲れもたまるし、ストレスも貯まる。自分の作付けならまだしも人の作付けでそうなるのが納得行かない。
自営業なのに作付けに自由がなく、やらされ感が満載である。
そんなこんなで、今月25日位から風邪で調子を崩しここ3日ほど寝込む。
寝込んでも後ろめたい気持ちいっぱいで休んだ気にもならないので治りも悪い。
昨日も餅つきでやっぱり手伝わなあかんという気持ちで手伝ったが、それでまた冷えて、寒気がしてきて最悪。
もう、餅つきとかええやん。よそのみ分までつかんでもええやん。

今日も寝てたいけど、そう言う雰囲気と違うのでしゃーないに、例年通りの風呂掃除。
これがまた冷えるので気分もだだ下がり。
物が多いと本当に鬱陶しい。毎年大掃除のとき感じる。
自分の代になったら徹底的にものを処分する。
家も畑の小屋も。
あまりにも寒い。かといって暖房つけてテレビ見る雰囲気でもないので逃げ出して来た。

来年は仕事の分量を減らしたい!

海老芋 収穫 (2016-12-12)

明日、雨ということで今日1畝海老芋を収穫した。
今まで収穫した畝と今日から収穫する畝は、土寄せの仕方、タイミングが違う。
今まで収穫した畝は従来の土寄せのやり方。
今日から収穫する畝は今年、試したタイミングとやり方。
今日収穫してみての感想は、良型が多いと感じた。
良型でも太りが悪いと秀ではなく長になっている様に感じた。
しかし良型(秀)の割合が高いと感じた。
これから収穫する畝が非常に楽しみ。
これから収穫する畝での良型比率が高ければ、来年からこの土寄せの仕方を全面採用する。
今日は収穫しながら久々に楽しく、ドキドキしっぱなしで収穫した。
今年の試した土寄せのやり方を思い出しながら来年する土寄せの方法を練りながらの収穫作業であった。
今年はノートにメモしながら土寄せした。やっぱり紙のノートにメモするのが一番良い!
紙のノートにはスマホとかタブレットとかの長所である検索性を犠牲にしてもあまりある利点、効能があるのを感じた。