水田圃場の均平について

水稲栽培においての均平の重要さ。

水田の均平は非常に重要。特に雑草管理において。

除草剤を使う慣行農法でも、使わない有機農法でも田の均平が

とれていることが、栽培の成功の可否を分けると思っている。

現在、慣行農法だが減農薬、無農薬、有機農法、自然農法、どれに移っていくかは、未定だが、いづれにせよ、成功の最低条件は圃場均平の確保だ。

 

お風呂上がったらすぐに寝る。

今年もコロナで大変な年になってきました。

年明けから感染者の数が急激に増えてきました。

身近なところでは長男の高校の学年閉鎖も決まりました。

自分もコロナにかからないようにいろいろ、気をつけなければいけないなぁと痛感しています。

一昨年位に近隣の農家さんから冬場は、お風呂上がってからダラダラ過ごしてはいけないと教わりました。

冬場の夜は、するべきことをしてからお風呂に入り、お風呂から上がったらすぐに寝ることが大事だと教わりました。

こうすることで風邪は全く引かないそうです。

だから今年はそれを思い出して実践しています。

おかげさまで今シーズンも今日まで風邪をひかずに過ごして参りました。

今冬のコロナ騒動が収まるまでちゃんとこのルールを守っていこうと思ってます。

朝…起きたら雪でした。

朝、生協さんに野菜を納品しに行ったが、今日は雪が積もってました。

幸い、道路に積雪は無く、凍ってもいなかったので運転はいつものとおりでした。

帰り御香宮神社の、前を通って帰ってきましたが、神社の木の枝に雪が結構ついてて。
いつもとは違う家雰囲気できれいでした。

今日は海老芋の収穫を予定してましたが、急遽変更して税金の整理作業をすることにしました。

緑肥(ライ麦、燕麦)が結構育ってて嬉しかったです!!

昨年11月頃に播種したライ麦とえん麦が結構育ってました。
長年、冷蔵庫の中で眠っていた種をダメ元で播種してみました。

結構長いとし冷蔵庫に入ってたので。
発芽率も悪いかなと思ってたのですが。

実際こうやって発芽して結構育ってくると、えん麦とライムの種って長生きなんだなあと思った次第です。

この田んぼには、お米の「キヌムスメ」を植える予定です。

お米の緑肥と言うとヘアリーベッチとかレンゲなどマメ科の植物が有名です 。

マメ科の植物は空中の窒素を固定してくれるので、肥料を減らすということができます。

煙幕やライ麦のようなイネ科の緑肥はそういう働きはないですが、私としては緑肥として良いポテンシャルがあると思っています。。
今年イネ科の緑肥が結構育つということが分かったので、来年はもっと積極的にイネ科の緑肥も巻いて行こうと思いました。

寒くなってきた。

本日朝から、精米作業をしていたら、体の芯から冷えてきました。それくらい、寒かったです。
最近は仕事半分、確定申告の準備半分の感じで過ごしてます。

毎年毎年、確定申告しているのに、準備がてまどります。
自分の整理も悪いからなのですが、父親が健在なので父親の購入物の整理もしなければならないので、整理作業が増えてはかどりません。

レシートだけでは何を買ったのか見当がつかないのも多いです。

最近はレシートの商品名をネット検索します。するとたいがい、商品イメージが合うものが出てきます。
これでいちいち、父親に聞きにいかなくても済みます。

しかし、相変わらず時間がかかります。

購入先も色々なのも、時間がかかる理由。売り先はともかく、購入先が多すぎるのは良くない。農協一本に絞ればかなり楽になります。

とにかく、年が明けて今頃には完成できるようにしておきたいです。

毎年思ってますが。

もっと栽培とか販売とかの仕事をしたいですね。

確定申告の仕事は本当に煩わしいです。

 

 

京都市内で専業農家として海老芋を始め様々な野菜を栽培しています。野菜は新鮮さが命。直売で新鮮さ野菜を消費者の方に!