「播種」タグアーカイブ

サヤインゲン 播種 (2016-03-30)

エダマメ同様3月23日播種したサヤインゲンは播種深度が深く発芽に不安があるため播種し直した。
前回の播種穴にもう一度播種して行ったが途中から、前回の播種穴はそのままにして、その間に播種して行った。
今回はハンドプランターの深度を一番浅くして手加減にてそれより更に浅く播種した。
昨年、露地サヤインゲンをハンドプランターで播種したときもこんな感じだった事を思い出した。

蒔き直しとはなんとも爺むさい話である。
品種はキセラ。

海老芋の苗づくりスタート

5月上旬に定植する海老芋の苗を作る為にポットに培土入れて種芋を埋めていった。
種芋は
3月のいもぼうさん納品分を収穫したときのこえびちゃんを使ってるのでほとんど腐り無しなので、気にすることも少なく順調に苗づくりが終わった。
エダマメでは全く使えない自家製培土だが海老芋では不都合なく使えるので大変調法してる。
大昔はこの自家製培土と購入した まさ土を配合してたが、自家製培土だけで育苗出来ることが分かったので、まさ土は使わなくなった。

エダマメ 播種 (2016-03-06)

2月末に播種したエダマメ培地の中で腐ってた。
播種期限がだいぶ過ぎてたので発芽は良く無いかもしれないが、全て発芽しないのは培地に問題があると思う。
もともと肥料分の多い培土だったが。
それゆえ燻炭と1対1で混ぜて肥料分を
下げてもまだ、駄目のようだ。
エダマメの苗づくりの時はこの自家製培土に拘るのはやめにする。

と言うことで、エダマメをもう一度播種した。
品種は今年購入したサヤムスメ。

2016枝豆の播種。培地試験も兼ねる。



今日は枝豆の播種をした。
自家製もみ殻培地は肥料分が高いせいで枝豆の発芽が非常に悪く、培地として不適切であることが昨年分かった。
(この培地でも三度豆は難無く発芽した。)
よって自家製もみ殻培地と燻炭を1対1の割合で混ぜたものを培地とした。
播種した品種はタキイの富貴。冷蔵庫の隅で眠ってたやつ。発芽保証期限は2012年7月であった。
培地の発芽試験も兼ねてるのでちょうど良い。
発芽すれば全てよし。発芽不良の時は、原因として種と培地の両方の可能がある。
その時は同じ培地で今年買ったサヤムスメでもう一度試す。