「海老芋」タグアーカイブ

海老芋 観察 (2017-08-16)



台風5号通過の2の日後(8/8)に子芋の芋茎が萎れていた。

色々原因を観察検討してみたところ、台風の雨水による畝の酸欠で根腐れを起こしたと考えている。

子芋の芋茎の萎れはそんなに多くないが、台風翌日に親芋の芋茎を株もとから取った株の子芋の芋茎の萎れは酷い。
葉も枯れている。

原因としては下記の3つが考えられる。

1 10日ほど前に追肥をやってしまっていた。
追肥して間もない所に多量の雨で肥料が一気に効いたため根が痺れたとも考えられる。
肥料削減試験で追肥量を半減した畝ではほとんど悪影響は見られなかった。

2 潅水する手間を省くため台風の雨で通路に水が貯まるようにしていた。
予想以上に雨量があったが貯まっても水を抜くことをしなかった。
それは毎年通路に水を溜めて栽培しているから。

3 親芋の芋茎を早めに切ったのも災いしたと考えられる。
酸欠で子芋の根がやられても地下で繋がっている親芋が健在であれば子芋の芋茎が萎れると言った事は無かったと考えられる。

こんな事は今まで海老芋栽培では無かったことなので、結構ショックだった。
今までの水管理と追肥のやり方が根本的に間違ってるともとれるから。

色々考察してみると今回のようなタイミングが重なった時は、水の逃げ場を作っていればマシだったと考えている。

幸い、葉が枯れた子芋も新しい葉が出てきたので生育が一時停滞しただけで、海老芋は収穫できる。

しかし、ショックで一時は海老芋畑に行かず他の作物の作業ばかりやってたが、漸く正視できるようになった。
気を取り直して海老芋栽培の後半戦頑張る。

海老芋 除草作業 (2017-07-12)



前回の草刈りから2週間位でまた、草刈り。
畝の肩を管理機で除草作業したが、梅雨で畝が柔らかく車輪が煮え込んでしまい、断念。
畝の除草は草刈り機で地道にやることにした。
通路の除草も草刈り機でやってたが、どうにもじれったいので、試しに管理機でやってみた。
通路は管理機の車輪が煮え込まずに除草出来た。
今年の収穫は通路除草なら梅雨期間中も管理機が使えることが分かった事。
今週の週間予報が雨予報から晴れ予報に変わったので、海老芋の除草作業も少し余裕が出てきた。

梅雨が終われば、一気に追肥して土寄せしたいが、小芋の芋茎が漸く出始めた畝も有るので今月中旬の追肥は、無理そう。

今月下旬か、来月上旬までには追肥土寄せしたい。

海老芋 除草作業 (2017-07-04)



しばらく、トマトと枝豆と水稲の水管理にかかってたので、久しぶりに海老芋畑を覗くとやはり、雑草が繁茂している。

イネ科、キク科、??科の雑草が繁茂。
幸いに例年より繁茂具合はおとなしい。

これは5月6月の小雨のおかげ。

しかし、今年も梅雨が始まると雑草の勢いは強くなる。

雨で畝が軟弱になりすぎて、機械除草が不可能状態。
最後は手除草。これが非常に根気がいる作業。

海老芋の全機械化栽培の達成はまだまだ遠い。

除草がなんともならない感じがする。
いつまでたっても手除草する時期が必ずやってくる。

他の作物の収穫出荷作業との兼ね合いが難しい。

午後から、台風の影響の雨が断続的降り出した。
午前中、株間の除草をなんとか出来たので助かった。
明日以降、土壌状態を見極めながら、機械除草できるか判断する。

海老芋 施肥 (2017-06-19)



1回目の追肥、土寄せ作業完了した。
今年は雨が少ないので雑草の事を考える事が少なかった。
天気予報も雨予報がなかったので、例年になく、ゆとりを持って作業が、進んだ。

圃場はカラカラ気味の割に株の生育は良い。
圃場管理からすると大変やりやすく良い状態。

これから、たっぷり生育促進のため畝間潅水する。

海老芋 除草作業 (2017-06-14)



梅雨入りまでに、1回目の追肥をやっておきたいので、株間の除草作業をする。
株の両サイドは機械除草で概ねきれいになったが、株間は結局、手除草となる。
鍬を使っての除草作業が一番スピードが速い。

前回の管理機を使っての除草作業のとき、反転ロータリーで株もと、株間に土を寄せている畝は鍬で土を取りやすいので、そうでないところより格段に除草作業がし易いのが分かったのは、収穫。

株間は土を盛って崩すのが効率的に除草出来るのかもしれない。

しかし、鍬を使っての株間除草作業はかがみ姿勢なので腰が痛い。
他の方法を考える必要性は変わらない。

今年は現時点まで少雨なので除草作業において時間的精神的ゆとりがあるのが良い。

例年だと今年のようにはならない。

防草目的に黒マルチを張った畝を試験的に2畝程作ったが、定植作業に非常に時間がかかる事と45センチ幅の黒マルチが存在しないことと、45センチ幅のマルチを張れるマルチャーを見つけることが出来ないことの3点が来年作に展開出来ない理由となっている。

かと言って、苗を作らず種芋を植えるのってどうなんだろう?
小芋の肥大する時間が少なくなるので、即却下か。

でも一回やってみるか。来年。

海老芋 観察 (2017-06-03)



先日、夜中にまとまった雨が2回ほど降っただけで雑草の勢いが増してきた。
梅雨蛾本格化する事を考えると除草対策どうしようか悩む。

未だ、勝利の方程式のような絶対的な梅雨時期の除草方法を確立出来てない。

除草が上手く行った年は天候に助けられることが多い。

しかし、水田雑草が多い海老芋畑においてロータリーカルチが一番効果的なのは確か。
レーキによるカルチでは根の深い水田雑草は取り残しばかりで非実用的。

根気よく一輪管理機で耕耘する。
今日は逆転ロータリーで株元にも土を寄せて株間の雑草の勢いを弱める。

除草出きるほど土寄せを今の時期にやってしまうと肝心の施肥土寄せのときの土がなくなってしまうので注意する。

海老芋 除草作業 (2017-05-27)



先日の雨で少し海老芋の畝の雑草が勢いづいた。
そんなにどうこう言うほどではないが、田植えが始まれば、田植えに掛かりきりになるので、田植え前に一輪管理機にて除草作業する事にした。

株の両サイドは管理機で綺麗になるが株間は草削りでやるしかないのが何ともローテク。時間がかかる。何とかならないか?

管理機の爪の配置を変えて草の上に土を被せてしまった方が良かったかも知れない。
時間があればやってみる。

今年の海老芋畑2箇所のうち1箇所は草が既に結構生えてきてる。
水田雑草のヒエが生えてきてるのでちょうど良かった。

もう一方はあまり生えてなかったがこういう感じの時に機械除草作業するのが、「上農は草をみずに、〜」と言うことなのかもしれない。