「海老芋」タグアーカイブ

2017 海老芋定植完了。



昨日で籾蒔きは一応終わった。苗代への運搬はまだ。

今日は明日の雨予報を信じて急遽、海老芋の定植作業。

さすがに手伝い3日目の今日は小学生2人の集中力は完全に切れてしまってる。
乾きすぎた苗代田に水を張ったのでそこで全身ずぶ濡れになって水遊び。
そのまま、放置する。ここで怒鳴りつけて手伝いを強制させて田んぼに来るのが嫌いにさせてしまうのは、後々、自分が効果すると思うので。
じっくりと待つ。子供も休日も必要。

怒鳴られて手伝い強制させられて田んぼに行くのが大嫌いになってしまった自分の二の舞をさせたくはないので。

株間40cmで植える予定だったが色々なトラブルで50cm出植えることになったが、
まあ、しょうがない。諦める。
来年はちゃんと40cmで植えたい。

根付き肥にオール15の一握りを株間4つに施肥する感じで行った。
父親はロングをやったが初期生育のための施肥にロングやって意味あるんか?と思った。

暑さの中での海老芋の定植作業はなかなか、しんどかったが、夕方までには、なんとか終わった。
天気が良かったのでかなり日に焼けた。
腕時計あとがくっきりついた。

いもぼうさんに海老芋納品完了。

本日、いもぼうさんに海老芋納品して、ホッとした。

あとは、いもぼうさんに納品出来ない小さい小エビ芋を生協などで売り切ったらそれでいよいよ終わり。
小エビ芋、市場出荷してさっさと終わろかと思ったが、3月に小エビ芋出荷しても安いのと、今年は市場での価格トラウマ的な低価格だったので3月の小エビ芋さえも市場出荷する勇気が湧いてこないので時間播かかるが直売して行くことにした。

市場出荷での希望価格程を参考に袋詰めしているせいか、3月でも良く売れているのでこちらももうすぐ完売しそうだ。

さあ、これで今年の海老芋栽培にかかれる。
今年は実験的な栽培も何畝か作るのでどんな結構がでるか楽しみ。

今秋の海老芋の出荷へ向けて

今日、夕方トマト用の防虫ネットを張ってるときに京果近郷のO君が出先から京果への帰り寄ってくれた。

今シーズンのうちの海老芋についての意見交換と、今年疑問に思ったことを質問した。

加えて丹後の海老芋の品質(荷姿)が高いことの再確認。出荷調整について色々反省点があった。

出荷調整作業の見直し。後は、やっぱり形。

うちはやっぱり、昔の海老芋の形っぽい。今の感じではない。

結構今年の栽培方針で迷いが多く頭の中がまとまらなかったが、今日色々しゃべてみて今年の栽培の目標が明確になってやる気も湧いてきた。