「海老芋」タグアーカイブ

海老芋 観察 (2018-03-25)



昨年同様、3/10に播種した海老芋のポット苗、まだまだ発芽までほど遠い感じ。

ちょっと掘った見ると角は出てるのでその辺は、安心してるのだが。

昨年より気温が低いのか、種芋の状態が良くなかったのか?とにかく遅い。

念のため手持ちの種芋になりうる孫芋を全てポットに埋めることにする。

ようやく目当てのマルチャーが手にはいるかもしれない。

数年前から色々資料集めて検討してたマルチャー。
手持ちの畝立て成形機RT417に装着出来る上面マルチャーの購入を農協(農機)に相談したところクボタ純正は製造してないとか。しても何時製造するのか未定らしい。

それから畝の上面だけをマルチ張るすべを探った。
矢崎アグリテクノの人力マルチャーMR-3Cが平面も畝丸ごともマルチング出来るみたいで上面も行けるかなあと有望そうに見えた。メーカーに電話確認したところいけそうな感じがした。

ただ動画を見ると土が細かくないとやりづらそうに見えるのと二人の力の加減で曲がってしまいそうになるのかなあと思えること。

それで本日、鋤柄農機にカンイマルチがRT417に装着出来るか聞いたところRT417に装着出来る上面マルチャーがあるとのこと!\(^_^ )

光が差した気分。
週明け、農協にその事を問い合わせることにした。

2017海老芋、今年最後の畝間潅水。



明日(9/26)から用水が止まるので最後にたっぷりと入水した。

例年なら頻繁に畝間潅水するが今年は台風5号の後、調子を崩したのでいつもより畝間潅水の回数が減ってしまった。

なんか物足りない今年の海老芋栽培であった。
あとは、11月の収穫まで雨水頼みになる。
昨年は10月の降水量は多かったので太り具合も良かったが、今年はどうなるか?

海老芋 観察 (2017-08-16)



台風5号通過の2の日後(8/8)に子芋の芋茎が萎れていた。

色々原因を観察検討してみたところ、台風の雨水による畝の酸欠で根腐れを起こしたと考えている。

子芋の芋茎の萎れはそんなに多くないが、台風翌日に親芋の芋茎を株もとから取った株の子芋の芋茎の萎れは酷い。
葉も枯れている。

原因としては下記の3つが考えられる。

1 10日ほど前に追肥をやってしまっていた。
追肥して間もない所に多量の雨で肥料が一気に効いたため根が痺れたとも考えられる。
肥料削減試験で追肥量を半減した畝ではほとんど悪影響は見られなかった。

2 潅水する手間を省くため台風の雨で通路に水が貯まるようにしていた。
予想以上に雨量があったが貯まっても水を抜くことをしなかった。
それは毎年通路に水を溜めて栽培しているから。

3 親芋の芋茎を早めに切ったのも災いしたと考えられる。
酸欠で子芋の根がやられても地下で繋がっている親芋が健在であれば子芋の芋茎が萎れると言った事は無かったと考えられる。

こんな事は今まで海老芋栽培では無かったことなので、結構ショックだった。
今までの水管理と追肥のやり方が根本的に間違ってるともとれるから。

色々考察してみると今回のようなタイミングが重なった時は、水の逃げ場を作っていればマシだったと考えている。

幸い、葉が枯れた子芋も新しい葉が出てきたので生育が一時停滞しただけで、海老芋は収穫できる。

しかし、ショックで一時は海老芋畑に行かず他の作物の作業ばかりやってたが、漸く正視できるようになった。
気を取り直して海老芋栽培の後半戦頑張る。

海老芋 除草作業 (2017-07-12)



前回の草刈りから2週間位でまた、草刈り。
畝の肩を管理機で除草作業したが、梅雨で畝が柔らかく車輪が煮え込んでしまい、断念。
畝の除草は草刈り機で地道にやることにした。
通路の除草も草刈り機でやってたが、どうにもじれったいので、試しに管理機でやってみた。
通路は管理機の車輪が煮え込まずに除草出来た。
今年の収穫は通路除草なら梅雨期間中も管理機が使えることが分かった事。
今週の週間予報が雨予報から晴れ予報に変わったので、海老芋の除草作業も少し余裕が出てきた。

梅雨が終われば、一気に追肥して土寄せしたいが、小芋の芋茎が漸く出始めた畝も有るので今月中旬の追肥は、無理そう。

今月下旬か、来月上旬までには追肥土寄せしたい。

海老芋 除草作業 (2017-07-04)



しばらく、トマトと枝豆と水稲の水管理にかかってたので、久しぶりに海老芋畑を覗くとやはり、雑草が繁茂している。

イネ科、キク科、??科の雑草が繁茂。
幸いに例年より繁茂具合はおとなしい。

これは5月6月の小雨のおかげ。

しかし、今年も梅雨が始まると雑草の勢いは強くなる。

雨で畝が軟弱になりすぎて、機械除草が不可能状態。
最後は手除草。これが非常に根気がいる作業。

海老芋の全機械化栽培の達成はまだまだ遠い。

除草がなんともならない感じがする。
いつまでたっても手除草する時期が必ずやってくる。

他の作物の収穫出荷作業との兼ね合いが難しい。

午後から、台風の影響の雨が断続的降り出した。
午前中、株間の除草をなんとか出来たので助かった。
明日以降、土壌状態を見極めながら、機械除草できるか判断する。