養液栽培施設撤去作業

トマト 施設補修

長年使ってきたトマトの養液栽培用のベット12畝のうち6畝を撤去する事にした。

昔はトマトを年2作、京果に出荷してたが次第に経営の直売の比率が高くなるにつれてトマト栽培の量も市場出荷に比べると減って養液栽培の施設も過剰状態となっていた。

土耕に戻すことにより、サニーレタスの栽培を増やすことや、他のハウスを緑肥栽培などで休ます事が出来る。

数年迷ってたがやっと決断した。

海老芋とサニーレタスの出荷作業の合間に少しずつ撤去作業する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です