*

「 とうがらし 」 一覧

唐辛子、鉢上げならぬセル上げ。

1月下旬に128穴セルに播種した唐辛子と2月中旬に密播した唐辛子を50穴セルに移植した。 とりあえず300株分。 残りの苗が大きくなり次第順次鉢上げして行く。 畝に定植まで問題なければこのまま

続きを見る

とうがらし 観察 (2013-03-14)

2月中旬に播種した唐辛子がだいぶ、大きくなってきた。 育苗器で発芽させてからはずっと無加温ハウス内にビニールトンネルを作って管理してきた。 育苗の為の保温、加温機材は一切なしで。 理由は機材が無い

続きを見る

とうがらし 播種 (2013-02-19)

唐辛子を播種した。 先日、実験的にセルに1粒播種した時より2粒播種した時のほうが発芽率が良かったので、今回はバットに種密着気味に播種した。 種に水がよく含むように2日程経ってから育苗器に入れる予

続きを見る

とうがらし 観察 (2012-10-04)

夜温が大分下がってきたのか、下がりだしてそれなりの期間が経過したのか、実の太り具合、成長速度が落ちてきた。 確実に夜は換気を閉める。

続きを見る

とうがらし 観察 (2012-09-20)

西6番畝。キュウリネットの畝。。 秀のまっすぐが多いように感じる。特に南側の風が入る付近は如実に多いのが実感出来る。 来年もこのやり方を検証する必要あり。

続きを見る

内張りカーテンのワイヤーの巻き取りロールの交換作業を、やっと開始。

とうがらしの尻腐れが本格的になって来てから、遮光カーテンをせなあかんと思ってから、早や、1月半以上が経過した。 遮光カーテンを動かしたら、カーテンが閉じない。 モーターが壊れていた。 修理しても

続きを見る

盆前にとうがらしに葉面散布。

盆は市場も休場のため、これ以上尻腐れを出さない為カルシウムを葉面散布した。 現代農業に載ってたセルカの上澄み液を溶媒とし、 塩化カリウム1500倍希釈。 塩化カルシウム1000倍希釈。 塩化ナト

続きを見る

とうがらし 観察 (2012-08-06)

2週間前から夜間に定期冠水し始めた。 1週間前くらいから新芽が猛烈な勢いで吹き始めた。 花数も増えてきた。 実もとまっている。 遮光しているが花落ちはまだ確認していない。 尻腐れは減って来た感じが

続きを見る

とうがらし 観察 (2012-07-28)

梅雨の半ばあたりから尻腐れが出るようになってきた。 曇天の次の晴れ間で一気に尻腐れが発生。 また梅雨明けの猛暑日でもハウス内の高温で尻腐れ多発。 来年以降の為にもなんとか尻腐れ解消軽減の足掛かり

続きを見る

とうがらし 観察 (2012-06-20)

もみ殻くん炭無しのビリ苗が完全に追いついた。 これでもみ殻くん炭を定植穴に漉き込むことは間違いということが証明された。 来年はもっと良くなる。

続きを見る

海老芋 観察 (2017-01-28)

月曜日が雨予報なので今日、海老芋の収穫をした。 8月に親芋をちゃ

本日、快晴!憂鬱な気分も吹っ飛ぶ!!

本日は、天気予報通りの快晴で3月の陽気。 こんな日は気分も快活にな

2016お米コンテスト結果

数年前から農協の農機展示会にて食味検査があって、ちょっとやっみたら、

no image
久し振りに積雪。

昨晩からの積雪でこのあたりにしては結構積もった。 流石に早朝の路面を見

今日の夕日は特別綺麗だった。

昨日はスーパームーンを彷彿とさせるほどの巨大な月に見えた巨椋池だった

→もっと見る

  • 2017年2月
    « 1月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728  
PAGE TOP ↑