「コメ」タグアーカイブ

2020荒田起こし開始




稲刈りが終わってからしばらく経ち、海老芋の作業も段取りが安定して来たので、一昨日位から荒田起こしを始めた。

今年は高温障害で苦しんだ、きぬむすめの田んぼは昨年よりも深く耕運することにした。

耕運しながら田面を眺めていると改めて、この田は砂が多い田だなぁと感じた。

やはりこういう田は腐食が多い方が良いのではないかと改めて思った。

来年はこの田に何とかしてヘアリーベッチをを蒔きたい。
ヘアリーベッチの根は深耕作用もあると聞く。
同時に茎葉を鋤込めば、田んぼの中で腐食となっていくだろう。一石二鳥だと思う。

今のうちに電動散粒機を少し調べておく。

今までの経験から、ヘアリーベッチの播種は遅くとも10月いっぱいに完了しなければならない。11月に播種しても初期生育が良くなく成長しないまま3月4月を迎えることになる。

稲刈りが終わったら速やかに散粒機で播種してトラクターで畝立て耕運をしていく。

ダメ直しの必要のない田だけでもいいからテンポ良く播種耕運していく。

2020秋巨椋池干拓地





本日は小雨混じり曇り空、比較的暖かい11月の秋です。
稲刈りは大分終わっている干拓地ですが、まだ稲刈りされていない田んぼも少しあります。

また来年の稲作について色々考える時期が来ました。
今年の反省を踏まえ来年も良いお米を取りたいです。

来年もと書きましたが今年の稲作は一言で言うと悪かったです。
カメムシの被害はもう最近では当たり前のことですが、今年は真夏の猛暑で高温障害も、出ました。
高温耐性のある、きぬむすめでさえ今年は高温障害が出ましたそれほど厳しかった夏でした。

来年はもっと高温障害の克服に向けて何か考える必要があると思いました。

稲作用緑肥経過



昨日の10月5日に播種した、緑肥(ヤヨイワセ)の草丈が20〜30cm位になってきた。
昨秋の播種後の多雨長雨にも関わらずしっかり発芽してくる発芽力と、多雨長雨で湛水状態でも消えなかったのには驚いた。

今年の比較的低温と春の雨が少なかったので、生育は本来の生育ではないと思う。

あとは鋤き込み時期をどうするか。
少なくとも、30〜40cmで鋤き込みたいが、穂が出ればそれ以上の草丈は望め無いので鋤き込もうと思う。

籾すり後片付け開始



ようやく籾すりも終わり、機械類の後片付けをしなければならない。
正直、埃だらけなるのでやりたくないが、しないとまた、来年の作業のトラブルの原因となるのでしっかりやる。

海老芋収穫の準備もあるので、いっそこと収穫始まってから暇なときや気分転換しようかとも考えている。

2017稲刈り終了



本日、3反の稲刈りをして今年の稲刈りが終わった。

収穫適期に入ってからの秋雨、2回の台風で延びに延びた今年の稲刈りであった。

11月になっても稲刈りしたのは就農して初めての経験。

良い経験になった。

2回目の台風以降の収量は結構悪く、原因は、台風の影響で籾が穂から脱粒した影響が大きいと思う。

来年は田植えしなくてもそこそこ成り立つのではないか?などと思ってしまう程。

さあ、後片付けが終われば海老芋収穫。