実験区画の出穂確認



今年、疎植にした稲の出穂を確認した。
一枚の田に40株/坪、35株/坪、30株/坪のパターンで植え付けた。

途中、深水管理も試して見た。

どんな穂をつけるか非常に楽しみ。

30株/坪植えとかなかなか出来ないと思うので、このパターンの穂は本当に楽しみ。

それに今年は転炉さいも入れてるので期待も高まる。

海老芋 観察 (2017-08-16)



台風5号通過の2の日後(8/8)に子芋の芋茎が萎れていた。

色々原因を観察検討してみたところ、台風の雨水による畝の酸欠で根腐れを起こしたと考えている。

子芋の芋茎の萎れはそんなに多くないが、台風翌日に親芋の芋茎を株もとから取った株の子芋の芋茎の萎れは酷い。
葉も枯れている。

原因としては下記の3つが考えられる。

1 10日ほど前に追肥をやってしまっていた。
追肥して間もない所に多量の雨で肥料が一気に効いたため根が痺れたとも考えられる。
肥料削減試験で追肥量を半減した畝ではほとんど悪影響は見られなかった。

2 潅水する手間を省くため台風の雨で通路に水が貯まるようにしていた。
予想以上に雨量があったが貯まっても水を抜くことをしなかった。
それは毎年通路に水を溜めて栽培しているから。

3 親芋の芋茎を早めに切ったのも災いしたと考えられる。
酸欠で子芋の根がやられても地下で繋がっている親芋が健在であれば子芋の芋茎が萎れると言った事は無かったと考えられる。

こんな事は今まで海老芋栽培では無かったことなので、結構ショックだった。
今までの水管理と追肥のやり方が根本的に間違ってるともとれるから。

色々考察してみると今回のようなタイミングが重なった時は、水の逃げ場を作っていればマシだったと考えている。

幸い、葉が枯れた子芋も新しい葉が出てきたので生育が一時停滞しただけで、海老芋は収穫できる。

しかし、ショックで一時は海老芋畑に行かず他の作物の作業ばかりやってたが、漸く正視できるようになった。
気を取り直して海老芋栽培の後半戦頑張る。

トマト 観察 (2017-07-17)



夏用トマトに試験栽培したところ。
青枯れでほぼ壊滅状態。
隣が田んぼなので、病害がでると田んぼからの水で一気に広まる。

しかし、もう一種はなんとも無い。
来年の有望品種。

青枯れの品種も米ぬかの鋤き込みで何とかなるかもしれないので来年も、小袋1袋は試験栽培する。
それと、田んぼから出来るだけ距離を離す。

エダマメ 播種 (2017-07-13)



枝豆を収穫したあとの畝に次作土づくりの為のソルゴーを播種。
今頃の播種が遅いのか、まだ行けるのか確かめるのも兼ねて。
マルチ無しの畝は草を耕運機で鋤き込んでから播種機で播種した。
先日の雨前に試験的にマルチ栽培のあとにそのまま、ハンドプランターを利用して、マルチ穴に点撒きしたら上手いこと発芽したので、今日はマルチ栽培の全ての収穫あとに播種した。。
点撒きなので、お米の田植えみたいな感じ。

マルチ無しでは除草の為、耕運機で畝をかじってから播種するので、どうしても畝が乾くのを待つ必要があるが、マルチ栽培あとは、収穫後、穴に播種するだけなので、天気を気にしなくても良いのが最大の利点。
仕事の段取りがつけやすく、流れが滞らない。
特に今みたいな梅雨の時期はそれが利点となる。

海老芋 除草作業 (2017-07-12)



前回の草刈りから2週間位でまた、草刈り。
畝の肩を管理機で除草作業したが、梅雨で畝が柔らかく車輪が煮え込んでしまい、断念。
畝の除草は草刈り機で地道にやることにした。
通路の除草も草刈り機でやってたが、どうにもじれったいので、試しに管理機でやってみた。
通路は管理機の車輪が煮え込まずに除草出来た。
今年の収穫は通路除草なら梅雨期間中も管理機が使えることが分かった事。
今週の週間予報が雨予報から晴れ予報に変わったので、海老芋の除草作業も少し余裕が出てきた。

梅雨が終われば、一気に追肥して土寄せしたいが、小芋の芋茎が漸く出始めた畝も有るので今月中旬の追肥は、無理そう。

今月下旬か、来月上旬までには追肥土寄せしたい。

ホオズキ 整枝作業 (2017-07-04)



昼から雨だったのでホオズキの整枝作業をした。
樹勢が旺盛なので整枝作業は必須。
ナス科なのでナスや唐辛子と同じような樹形。
ナスみたいに収穫事に切り戻しすると考えると、一果がナスに比べてあまりにも軽く小さいので収穫事の切り戻しは非実用的。

唐辛子みたいに中央部の葉や枝を空かして行くのが実用的に思える。
唐辛子よりも花数が少ないので、唐辛子よりは整枝作業が楽かもしれない。

海老芋 除草作業 (2017-07-04)



しばらく、トマトと枝豆と水稲の水管理にかかってたので、久しぶりに海老芋畑を覗くとやはり、雑草が繁茂している。

イネ科、キク科、??科の雑草が繁茂。
幸いに例年より繁茂具合はおとなしい。

これは5月6月の小雨のおかげ。

しかし、今年も梅雨が始まると雑草の勢いは強くなる。

雨で畝が軟弱になりすぎて、機械除草が不可能状態。
最後は手除草。これが非常に根気がいる作業。

海老芋の全機械化栽培の達成はまだまだ遠い。

除草がなんともならない感じがする。
いつまでたっても手除草する時期が必ずやってくる。

他の作物の収穫出荷作業との兼ね合いが難しい。

午後から、台風の影響の雨が断続的降り出した。
午前中、株間の除草をなんとか出来たので助かった。
明日以降、土壌状態を見極めながら、機械除草できるか判断する。

京都市内で専業農家として海老芋を始め様々な野菜を栽培しています。野菜は新鮮さが命。直売で新鮮さ野菜を消費者の方に!