「農作業日誌」カテゴリーアーカイブ

日々の農作業日誌

トマト 観察 (2017-05-08)


本日、1段目の摘果を始めたが、尻ぐされが非常に多く、失望した。
なんでこんなに多いのか?
品種を「CF桃太郎はるか」「ごほうび」に変えたのが一番の理由だが、それにしても1段目からの尻ぐされは、ショックだ。
以前、「ごほうび」で尻ぐされが出たのはECが1.5にしたとき位だった。
現在のECは1.3位なので尻ぐされが出るまでまだ余裕があるはずなのだが。
とりあえずECを1.2に下げ、様子を見る。
そして明日、カルシウムの葉面散布行う。
早めに対応する。
雨ふりの時、水分を控えるため潅水を1回/日にしたとき肥料分確保の為ECを1.5位まで上げて潅水したときがあったがそれが原因か?
それとも、
やっぱり明日は肥料無しで水分だけで潅水する。

2017ハウス苗代へ苗箱を置く。



周りの農家は殆ど、苗代を完了している。
本日、ハウス苗代へ苗箱を置く作業をした。
置く前に一昨日、定植した海老芋への畝間潅水する作業をした。
昨日雨が降ってたら畝間潅水は来週でも良いと思ってたが、降らなかったので早朝から畝間潅水作業をした。
その折、ぎっくり腰を誘発させてしまい、やばいと思った。

幸い軽い感じだった。立つ、歩くは出きるが中腰、屈む、しゃがむと痛みが走る。

よって苗箱を置く作業には支障が出た。
しかし今日は休養充分の長男長女ががっばってくれたので本当に助かった。
何とかハウスに1000枚近く並べる事が出来、残りは露地苗代に明日置く。

ぎっくり腰のまま作業を続けたので今日は非常に疲れた。
夕方は疲労感一杯。
今晩は冷湿布を貼って早めに寝る。

2017 海老芋定植完了。



昨日で籾蒔きは一応終わった。苗代への運搬はまだ。

今日は明日の雨予報を信じて急遽、海老芋の定植作業。

さすがに手伝い3日目の今日は小学生2人の集中力は完全に切れてしまってる。
乾きすぎた苗代田に水を張ったのでそこで全身ずぶ濡れになって水遊び。
そのまま、放置する。ここで怒鳴りつけて手伝いを強制させて田んぼに来るのが嫌いにさせてしまうのは、後々、自分が効果すると思うので。
じっくりと待つ。子供も休日も必要。

怒鳴られて手伝い強制させられて田んぼに行くのが大嫌いになってしまった自分の二の舞をさせたくはないので。

株間40cmで植える予定だったが色々なトラブルで50cm出植えることになったが、
まあ、しょうがない。諦める。
来年はちゃんと40cmで植えたい。

根付き肥にオール15の一握りを株間4つに施肥する感じで行った。
父親はロングをやったが初期生育のための施肥にロングやって意味あるんか?と思った。

暑さの中での海老芋の定植作業はなかなか、しんどかったが、夕方までには、なんとか終わった。
天気が良かったのでかなり日に焼けた。
腕時計あとがくっきりついた。

2017稲作 苗箱への籾蒔き覆土作業。

本日は、連休での苗箱への籾蒔き覆土作業。
昨年と同じ170g蒔きにした。

土使用量は床土で1tフレコン2.5袋、覆土で1.5袋といった感じ。

今日も長男長女が手伝ってくれた。
助かった。

夕方には、クタクタになる。

明後日が雨予報なので、明日は海老芋の定植する。

それが一段落してから、苗箱を苗代へ置くことにする。

2017稲作 苗箱への床土入れ作業。



本日は、連休での苗箱への床土入れ作業。
小6長男と小3長女はすっかり即戦力となる。根気良くやってくれ本当に助かった。
昼からの作業を二人だけで勝手にやり始め、パレット1枚分(苗箱150枚)を入れ移動までやってくれてたのには、驚いた。

本日、およそ1050枚+70枚の苗箱に床土入れをした。16枚/反の計算だが、田植えの時は植え始めから13枚/反目標で植えて行きたい。
減らせるならそれ以上に減らしたい。

16枚/反では、不安だから17枚/反に使用と言う意見が出たが、即却下。
そんなことやってたらいつまで経っても苗箱が減らない。

これでも先進的な産地、経営体からすれば多すぎる枚数。

目標は、10枚/反位にしたい。

エダマメ 観察 (2017-04-29)



昼休み中に父親から携帯電話連絡があった。
昼からの下り坂、突風でエダマメの穴あきトンネルが飛ばされた。
まだまだ、トンネル栽培には、慣れてないというか、経験も修行も足りない事を痛感。
結構良い感じでトンネル設置できたのに、これくらいの突風でトンネルフィルムが飛んだのがショック。

朝は晴れてたのに昼から下り坂。雷までなり始めた。
最近の短期の天気予報の精度には驚かされる!

エダマメ 観察 (2017-04-27)



2/22播種、3/25定植の福だるま(写真下)が非常に良くない。
2/16直播の福だるま(写真上)と比較するとその差は歴然。

成長不良な草姿ですでに花が咲き始め、莢もちらほら確認できる感じ。

2/16直播は透明マルチ3条植え。播種後穴あきトンネル。

2/22播種は黒マルチ2条植え。定植後穴あきトンネル。

何が駄目だったのか?
育苗管理が良くなかった様に思う。
無加温管理で1ヶ月もかかってしまい、それから定植したので断根気味。

低温にあう時間が長かったのに加え成長不良になってしまったのが要因か?

直播は低温にあっても根が切られてないので、停滞期間がなかったのが良かったのか?

来年は早蒔きは直播優先し、育苗管理するときは夜間加温する。
夜間加温の設備がないのでどうなるか分からないが。