*

トマト 施設補修 (2014-05-14)

公開日: : 農作業日誌 ,



トマトの養液栽培の廃液を従来は土耕のキュウリへチューブ潅水して再利用してたが昨年から完全閉鎖系にして廃液は給液タンクに入れて液肥を再調合して給液するようにした。

給液の養分をトマトが吸った後の廃液の養分組成は給液のそれと違って当たり前だか、それを給液に再利用する事で給液の養分組成にくるい、トマトの生育に何らかの支障をきたすのではないかと案じていたが、実際やってみて不都合はなかった。

液肥原液の節約に大きく寄与して肥料代の節約が出来て非常に助かっている。
以前は、肥料代を気にして液肥の潅水回数を少なくする事ばかり考えており結果、トマトの生育が貧弱になりがちだったが、肥料代のことを気にしなくてもすんだため、生育の潅各段階で適切に施肥できるようになった。

話は長くなったけどここら本題。
今年から廃液に結構、培地のゴミが入り込みそれが給液のろ過フィルターに詰まり給液量が足りなくて日中しおれてることが何度かありました。
これまで小手先の対応で回避してきたけど、今日の摘果で三段目に尻腐れ果が出るようになり、フィルターの目詰まり対策を早急にする必要が出てきた。

そこて、使用済みの有機液肥タンクと塩ビパイプを利用して簡易沈殿水槽を作った。塩ビパイプを通した穴の隙間はコーキングで埋めた。

廃液を沈殿水槽に入れてゴミを沈めてから上澄みを給液タンクに入れようと言う段取り。

コーキングが乾く明日からいよいよ利用開始。
うまく行くことを願う。

関連記事

ヘアリーベッチ稲作観察2

先日観察した田は代かき半月前にヘアリーベッチを鋤き込んだ。 今日観察した、田は代かき1ヶ月前に

記事を読む

セルダイコンはやっぱり駄目。

3月8日に定植したセルミニダイコン。 土の中がどんな形になってるか不安と楽しみだったが、やっぱ

記事を読む

土壌改良の為の炭を砕く作業

今年の万願寺とうがらしは、接ぎ木が間に合いそうに無いので、未生苗で定植する事にした。 青枯れがや

記事を読む

no image

ハクサイ あらき倉庫前 (2010-09-22)

直売用白菜を定植した。

記事を読む

no image

カボチャ 播種 (2010-04-02)

カボチャの種をポットに撒いた。 品種はえびす。

記事を読む

no image

期待外れて残念!今日の海老芋競り。

密か期待してた今日の競りでしたが、思ってた値には程遠い感じでした。 3L24とか、3L25とか、良

記事を読む

no image

畦畔管理でヘアリーベッチを使ってみる。

毎年、この時期のなると今年の畦畔管理をどうやるか。 どうやって省力するかを考える。 毎年悩むとい

記事を読む

no image

久し振りに積雪。

昨晩からの積雪でこのあたりにしては結構積もった。 流石に早朝の路面を見て運転に自信がなくなったので今

記事を読む

代かきスタート。

京都府巨椋池干拓地では昨日から終日用水路に水が流れ始めたので、今日からあちこちで代かきがスタート

記事を読む

no image

ジャガイモ 観察

先日、ジャガイモをポットに植えた。発芽してた。

記事を読む

エダマメ 定植 (2017-04-25)

本日よりスーパーたんくろうを露地に定植。 株間は25cmにした。

排水パイプの埋設作業

最近、ゲリラ豪雨未満の雨でさえ、ハウス内が水に浸かるようになってきた

no image
暑い日だった。

今日は真夏を思わせる日和で、非常に疲れた。 嫌いな夏が来たという感じで

ジャガイモ 整枝作業 (2017-04-13)

高畝マルチ一発栽培のジャガイモの芽を一株2本になるように、芽かき作

2017 今年の桜

巨椋池干拓地、8号排水路沿いの桜。 今年の桜は天候の影響もあってもう

→もっと見る

  • 2017年4月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑