*

コメ 観察 (2016-10-12)

公開日: : 農作業日誌 ,

昨日は不満ながらも何とか籾擦りを終えたが、今朝次の刈った籾を籾擦りしたところ、

昨日よりも製品玄米に籾が混じる感じで自力調節を繰り返しているうちに、籾擦り気が悲鳴をあげ、

ストップ。慌てて電源を落とす。。

もう最悪の気分。農協の農機担当に電話すると八木町に居るとかで、見れるのは昼からになった。

それまでホッパーに溜まった籾や機械内の混合米を掻き出した。

すると籾摺りから貯留タンクまでの間の昇降機のベルトが斬れていた。

これで今日の作業は中断決定。

取りあえず、昇降機が動かないように駆動ベルトを外してから揺動板の混合米を出す作業をしてたら、揺動板の下で籾殻?がたまり始めた。

もう何が何だか判らなくなった。

帰ってきた農機担当と相談の結果、籾摺り機の入れ替えになった。

メーカーの現行機種は自動ロール式が液晶パネルによる各種制御となっており、埃っぽい作業なので使うのでその辺が個人的に懸念する。

一方手動ロール式は液晶パネルはついていない。

今まで、自動ロール式でやってたので手動ロール式にも籾摺り作業進行中の調整とかどうするのとか不安はあるが埃のこと考えると手動ロール式かなあと考えた。

しかし、メーカーに問い合わせたところ、自動ロール式であれば今週中に用意できるとのこと。

手動式は在庫なし。

選択肢は無し状態。

不本意ながらしょうが無い感じ。

急かされるとロクな買い物にならないなあと実感した。

稲刈りは現在進行形で進んでる。希望機種を待って11月刈りなど刈遅れでお米の品質にも影響する。

稲は待ってくれないのでしょうが無い。

出来るだけホコリが出ないように作業場環境を改善するしかない。

他にもジェット式とか魅力的な機種も調べたらあったんですが、農協取扱いメーカーでなさそうなんで、引っ張れるかも分からないし。そんな質問出来る雰囲気でもなかったし。

ロール式とジェット式をじっくり比較検討もしたかった。

何より時間優先の買い物になった。

切り替え切り替え!

関連記事

no image

今日は寒かった。山の芋は滋養満点です。

今日は寒かったです。 昨日は暖かかったので体感的に余計に寒く感じました。 それと風がキツかったです

記事を読む

コメ 播種 (2014-05-22)

農業新聞の記事に水稲の高密度播種育苗についての記事があった。 内容は従来の方法は苗箱に130g程

記事を読む

no image

エダマメ 定植 (2010-04-26)

黒豆のエダマメを定植した。 苗が足らなかった。

記事を読む

no image

チンゲンサイ 定植

余ってたチンゲンサイの苗を定植。

記事を読む

この時期、西の空が綺麗だと。。。。。。

私の住んでいる地域では、この時期、夕方、西の空が綺麗で、風がないと、明朝に霜が降りるのです。

記事を読む

no image

海老芋の親芋のズイキを飛ばしていく。

土寄せ後、観察してみると、もう親芋のズイキを飛ばせる株があった。 ぼちぼち親芋のズイキを飛ばして

記事を読む

今年は寒いので海老芋の成長悪し。

海老芋の成長が良くない。 昨年に比べると段違いに悪い。成長が遅い。 葉は窒素不足の様相を見せ

記事を読む

ハウス内は蒸し風呂ですね〜(泣)

梅雨の晴れ間のハウス内作業は毎年のごとく、蒸し風呂状態です。 むしむしした方がとうがらしは元気

記事を読む

no image

稲用緑肥レンゲを鋤込む。。

レンゲを鋤込んだ。 しかし今年は全くレンゲが繁茂しなかった。 3月のレンゲの生長する時期に雨が

記事を読む

稲作育苗ロックウールマット不調。

写真の苗の生えの悪い所は全てロックウールマット。 床土に比べ生えは遅いし揃わない。 ここまで

記事を読む

エダマメ 観察 (2017-04-29)

昼休み中に父親から携帯電話連絡があった。 昼からの下り坂、突風でエ

トマト 施肥 (2017-04-27)

夏用トマトの地づくり。 サニーレタスの畝後に施肥した。 1畝あたり

コメ その他 (2017-04-27)

流れ始めた用水を昨日からハウスに引いて水が良い感じに溜まったので代

エダマメ 観察 (2017-04-27)

2/22播種、3/25定植の福だるま(写真下)が非常に良くない。

エダマメ 定植 (2017-04-25)

本日よりスーパーたんくろうを露地に定植。 株間は25cmにした。

→もっと見る

  • 2017年5月
    « 4月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑