2016稲刈り終了。

今年もいろいろあった、稲刈りが終了。
もっともっと作業工程を省力化していく必要性を感じた今年の稲刈り。
そうでないと今の作付け量はこなすのが難しくなっていくのは明白。
うちは欲張り過ぎなんだな。

前機種で使ってた籾殻排出の鋼管が現機種との径が合わないため使い回し出来ないため、臨時て温風ダクトを流用した。
案外温風ダクトが良い感じ。
排出角度を変えたりダクトの長さをてがるに変更点出来るの、籾殻の山を崩す作業をしなくてよくなった。
意外と良く保ちそうでらいねんもつかえそう