「農作業日誌」カテゴリーアーカイブ

日々の農作業日誌

籾すり後片付け開始



ようやく籾すりも終わり、機械類の後片付けをしなければならない。
正直、埃だらけなるのでやりたくないが、しないとまた、来年の作業のトラブルの原因となるのでしっかりやる。

海老芋収穫の準備もあるので、いっそこと収穫始まってから暇なときや気分転換しようかとも考えている。

2017稲刈り終了



本日、3反の稲刈りをして今年の稲刈りが終わった。

収穫適期に入ってからの秋雨、2回の台風で延びに延びた今年の稲刈りであった。

11月になっても稲刈りしたのは就農して初めての経験。

良い経験になった。

2回目の台風以降の収量は結構悪く、原因は、台風の影響で籾が穂から脱粒した影響が大きいと思う。

来年は田植えしなくてもそこそこ成り立つのではないか?などと思ってしまう程。

さあ、後片付けが終われば海老芋収穫。

稲刈り4日目。

疎植田を、含む稲刈り。
O6-1.5の半分。
O7-1.7
O3-1.3
O4-1.0
O5-0.5

O4-は疎植実験田だった。
株間を40,35,30の3パターンを同じ1枚の田で試した。
現行田植え機で疎植が可能だと分かったのが収穫であった。
やはり株数は圧倒的に少ないが株の張りは良いが収量がどうなるか?
まとめて稲刈りして籾摺りするので計算による収量となる。

 

 

水稲用緑肥の試験播種。



来作の米作りのスタートとして
ヤヨイワセ(イタリアングラス)をライムソワーを使って播種した。
増量剤は籾殻を使った。

ライムソワーダイヤル 10
播種速度 高3速 1000回転

籾殻 オイルカン3杯に対してヤヨイワセ3kg。
これで1反分の計算。
実際は1.5反播けた。
今後調整する。

稲刈り 2日目!

D1-2.8

D2-1.4
YMFJ1-0.5
O1-0.5
O2-1.6
本日は、快晴。気温も高く、午前10時から稲刈り開始。
今年は、現時点で堤防の草刈りはまだ実施されてない。
よって堤防からのカメムシの飛び込みを少ないと思う。
よって堤防沿いの田んぼの斑点米も例年より少ないと思う。