ソルゴーとマルチ麦に発芽具合。



マルチを敷いて定植したカボチャの両サイドに播種したマルチ麦は良く生えたが、緑肥用に播種したソルゴーの生えが非常に悪い。
両者の播種時期は1週間もひらいてないのに。
しかし、播種してから雨らしい雨は、先週と、今週の2回くらい。 生えが悪くてもしょうがない。

冬にブロッコリー、キャベツ、カリフラワーを栽培した畑だが、春耕耘したとき、なかなか、細かく成らなかったので腐植不足を痛感した。
ここ、2年ほど緑肥栽培出来なかったので、それが原因だと感じる。
だから今年は是が非でも、ソルゴーを鋤き込みたい。
あと1週間待ってみて、生えが悪かったら蒔き直しする。

キュウリ 観察 (2017-05-15)



3/21に定植したキュウリがようやく本格的に採れだしてきた。

昨年は始めから、葉の葉脈が色が抜ける感じで良くなかったし、散々悩んだが、辞典に掲載のカリ欠の様子に何となく似ていたため、土壌分析したところ、カリウムの著しい欠如状態だった。

今年はいつもの肥料と一緒に始めから緩効性の珪酸カリウムを入れておいたので昨年のような症状は出ず順調に行ってる。

ファブという施設について。


5/2 の農業新聞にファブ施設の記事が載っていた。
ファブという言葉も初めて耳にした。
ファブとは3Dプリンターやレーザー加工機なと個人ではなかなか買えない高価な
加工機械を会員で共同使用出来る施設らしい。

記事には3Dプリンターで水田除草ロボットの作成や、レーザー加工機で
米袋にロゴ印刷する木版の作成とかあった。

個人的には種まき機の取り寄せ不能な部品とか作成してみたい。
農機具のプラスティック樹脂部品とか結構壊れてそれで終わりというのが多いので
それらを自作できるとなれば素晴らしい。

京都市内にはなんと4施設も有ることが分かって嬉しくなった。

N5.5  http://n-55.jp/

アトリエールファブ  http://www.kyoto-atelierfab.co.jp/

MTRL KYOTO https://mtrl.net/kyoto/

京都のものづくり広場 fagora web見当たらず。 なんと京果会館の中!

トマトの尻ぐされ対策。



トマトの尻ぐされ対策をした。
尻ぐされが出るとなかなか止まらない印象があるので厄介だと感じる。

とりあえず実に対して180度裏の葉(写真の赤丸部分)を撤去した。
それから、塩化カルシウム200培希釈、尿素300培希釈、食酢500培希釈の混合液を実に散布した。

この混合液を一週間に一回のペースで散布していこうと思う。

2017 被覆シートを取って緑化硬化開始。



苗箱を苗代に老いてから5日が経過して被覆シートを剥がした。
今日は曇天だったが念の為シートは夕方に剥がした。

これから水稲苗の緑化硬化開始。
向かって左側が泥で少し汚れた3年物のシートで発芽させた苗。
右側が今年新調した被覆シートで発芽させた苗。
両者に遜色無し。
スッキリ発芽が揃うと気持ち良い。

コメ 観察 (2017-05-11)



ハウス苗代の方の籾の発芽を確認した。
昨年は被覆シートを2種類(別商品)使ったので、発芽の早い遅いが生じた。
今年は昨年の試験で早く発芽したほうのシートを新たに購入して被覆したので、発芽が揃った。

露地苗代のほうは設置がハウス苗代より1日遅いので、まだ発芽してない。

トマト 観察 (2017-05-08)


本日、1段目の摘果を始めたが、尻ぐされが非常に多く、失望した。
なんでこんなに多いのか?
品種を「CF桃太郎はるか」「ごほうび」に変えたのが一番の理由だが、それにしても1段目からの尻ぐされは、ショックだ。
以前、「ごほうび」で尻ぐされが出たのはECが1.5にしたとき位だった。
現在のECは1.3位なので尻ぐされが出るまでまだ余裕があるはずなのだが。
とりあえずECを1.2に下げ、様子を見る。
そして明日、カルシウムの葉面散布行う。
早めに対応する。
雨ふりの時、水分を控えるため潅水を1回/日にしたとき肥料分確保の為ECを1.5位まで上げて潅水したときがあったがそれが原因か?
それとも、
やっぱり明日は肥料無しで水分だけで潅水する。

2017ハウス苗代へ苗箱を置く。



周りの農家は殆ど、苗代を完了している。
本日、ハウス苗代へ苗箱を置く作業をした。
置く前に一昨日、定植した海老芋への畝間潅水する作業をした。
昨日雨が降ってたら畝間潅水は来週でも良いと思ってたが、降らなかったので早朝から畝間潅水作業をした。
その折、ぎっくり腰を誘発させてしまい、やばいと思った。

幸い軽い感じだった。立つ、歩くは出きるが中腰、屈む、しゃがむと痛みが走る。

よって苗箱を置く作業には支障が出た。
しかし今日は休養充分の長男長女ががっばってくれたので本当に助かった。
何とかハウスに1000枚近く並べる事が出来、残りは露地苗代に明日置く。

ぎっくり腰のまま作業を続けたので今日は非常に疲れた。
夕方は疲労感一杯。
今晩は冷湿布を貼って早めに寝る。

2017 海老芋定植完了。



昨日で籾蒔きは一応終わった。苗代への運搬はまだ。

今日は明日の雨予報を信じて急遽、海老芋の定植作業。

さすがに手伝い3日目の今日は小学生2人の集中力は完全に切れてしまってる。
乾きすぎた苗代田に水を張ったのでそこで全身ずぶ濡れになって水遊び。
そのまま、放置する。ここで怒鳴りつけて手伝いを強制させて田んぼに来るのが嫌いにさせてしまうのは、後々、自分が効果すると思うので。
じっくりと待つ。子供も休日も必要。

怒鳴られて手伝い強制させられて田んぼに行くのが大嫌いになってしまった自分の二の舞をさせたくはないので。

株間40cmで植える予定だったが色々なトラブルで50cm出植えることになったが、
まあ、しょうがない。諦める。
来年はちゃんと40cmで植えたい。

根付き肥にオール15の一握りを株間4つに施肥する感じで行った。
父親はロングをやったが初期生育のための施肥にロングやって意味あるんか?と思った。

暑さの中での海老芋の定植作業はなかなか、しんどかったが、夕方までには、なんとか終わった。
天気が良かったのでかなり日に焼けた。
腕時計あとがくっきりついた。

京都市内で専業農家として海老芋を始め様々な野菜を栽培しています。野菜は新鮮さが命。直売で新鮮さ野菜を消費者の方に!