2017稲作 苗箱への籾蒔き覆土作業。

本日は、連休での苗箱への籾蒔き覆土作業。
昨年と同じ170g蒔きにした。

土使用量は床土で1tフレコン2.5袋、覆土で1.5袋といった感じ。

今日も長男長女が手伝ってくれた。
助かった。

夕方には、クタクタになる。

明後日が雨予報なので、明日は海老芋の定植する。

それが一段落してから、苗箱を苗代へ置くことにする。

2017稲作 苗箱への床土入れ作業。



本日は、連休での苗箱への床土入れ作業。
小6長男と小3長女はすっかり即戦力となる。根気良くやってくれ本当に助かった。
昼からの作業を二人だけで勝手にやり始め、パレット1枚分(苗箱150枚)を入れ移動までやってくれてたのには、驚いた。

本日、およそ1050枚+70枚の苗箱に床土入れをした。16枚/反の計算だが、田植えの時は植え始めから13枚/反目標で植えて行きたい。
減らせるならそれ以上に減らしたい。

16枚/反では、不安だから17枚/反に使用と言う意見が出たが、即却下。
そんなことやってたらいつまで経っても苗箱が減らない。

これでも先進的な産地、経営体からすれば多すぎる枚数。

目標は、10枚/反位にしたい。

エダマメ 観察 (2017-04-29)



昼休み中に父親から携帯電話連絡があった。
昼からの下り坂、突風でエダマメの穴あきトンネルが飛ばされた。
まだまだ、トンネル栽培には、慣れてないというか、経験も修行も足りない事を痛感。
結構良い感じでトンネル設置できたのに、これくらいの突風でトンネルフィルムが飛んだのがショック。

朝は晴れてたのに昼から下り坂。雷までなり始めた。
最近の短期の天気予報の精度には驚かされる!

エダマメ 観察 (2017-04-27)



2/22播種、3/25定植の福だるま(写真下)が非常に良くない。
2/16直播の福だるま(写真上)と比較するとその差は歴然。

成長不良な草姿ですでに花が咲き始め、莢もちらほら確認できる感じ。

2/16直播は透明マルチ3条植え。播種後穴あきトンネル。

2/22播種は黒マルチ2条植え。定植後穴あきトンネル。

何が駄目だったのか?
育苗管理が良くなかった様に思う。
無加温管理で1ヶ月もかかってしまい、それから定植したので断根気味。

低温にあう時間が長かったのに加え成長不良になってしまったのが要因か?

直播は低温にあっても根が切られてないので、停滞期間がなかったのが良かったのか?

来年は早蒔きは直播優先し、育苗管理するときは夜間加温する。
夜間加温の設備がないのでどうなるか分からないが。

エダマメ 定植 (2017-04-25)



本日よりスーパーたんくろうを露地に定植。
株間は25cmにした。
穴あきトンネルする予定だったが、本日日中温度が高かったのでトンネルするか迷った。
とりあえず、トンネル支柱だけは設置した。
穴あきトンネルをかけるかは、明日判断することにする。

初めてトンネル支柱にダンポールを使ったがポールに土中への差し込み位置の印がついているので、それを目安に差し込んだら、簡単に綺麗にトンネルがつくれた。
余計なこと考えずにすむし、非常使いやすかった。

排水パイプの埋設作業


最近、ゲリラ豪雨未満の雨でさえ、ハウス内が水に浸かるようになってきた。
排水溝も直ぐに満水状態になり水が抜けるのに時間がかかる。

そこで新しい排水パイプを埋設する事になった。
現行の排水管は陶器製で父親が高校のとき、祖父と埋めたそうだ。

今回50年ぶり?に排水パイプを埋める作業を父親といっしょにする。

個人的にコンクリートを掘削機で割る作業が一番堪える。
あとは、手仕事、機械仕事ともなんとかなった。

しかし、土木仕事は、興味が無いので面白さにかけ、退屈。
何故か体の凝りはマシになるのでそれ高普段、体を使えてないのが分かる。

暑い日だった。

今日は真夏を思わせる日和で、非常に疲れた。
嫌いな夏が来たという感じでへこむ。
何とかこの暑さへの苦手意識を無くしたい。
目からの疲労感というのを実際あるのか分からないが、そんな感じで目から疲れてくる。
京都の夏はほんま、大嫌い。
真夏に京都市街にいくきがなかなか湧かない。
何とか夏の苦手感無くすために運動とか続けて行きたい。

京都市内で専業農家として海老芋を始め様々な野菜を栽培しています。野菜は新鮮さが命。直売で新鮮さ野菜を消費者の方に!